2017/10/14

百々ヶ峰と金華山へ・・・

本当は北アルプスの予定だったのに・・・

 

雨男の俺の本領発揮(^_^)v

 

まぁ雨で行っても仕方ないので

 

で、雨だけど月曜日だけだと曇りの天気予報

 

だった?ので濡れても死なない

 

百々ヶ峰と金華山へ行く事に・・・

 

まずは百々ヶ峰

Sdsc_5466

これがあれば地図はいらんと高をくくってw

 

が、正直、簡単だと思って岐阜県の地図を

 

下見しただけで

 

登ったら方向が全く分からず

 

看板見ても目的地なのかどうかも分からず

 

ただ、道はしっかりついているので

 

違った意味で迷いは何だけど・・・

 

それより予報と違って雨が降り始め

 

気が付いたらザァザァw

 

で、ザァザァの中、見つけた看板だけど

Sdsc_5469

 

これが山頂??

 

でも展望が無いので違うなと思いつつ

 

直感でこれは違う方向だと思い

 

ザァザァの中、今来た道を戻ると

Sdsc_5473

 

山頂を発見(^_^)v

 

でも考えたら百々ヶ峰だから峰なんだよね

 

全部を含めての百々ヶ峰なんですね

Sdsc_5472

 

さて、これから向こうに見える金華山に

 

行きます

 

で、一度下って

Sdsc_5475

登りで偶然に権現山に辿りついたけど

 

これ左向いたまま道なりに行ってしまうと

 

通り過ぎてしまうほど字の見にくい看板w

 

まぁ結果、百々ヶ峰は制覇出来たけどねw

で、ビタビタのまま移動です・・・

 

岐阜公園横の立体駐車場が1日300円

 

だったので、そこに止めて出発

 

Sdsc_5485

 

岐阜公園の中の地図を見てどこから登ろうかと

 

で、ついでに板垣退助の遭難の地の銅像

Sdsc_5480

 

(^_^)v

 

これにも色々な諸説があるようですね

Sdsc_5482

 

そしてそこから階段を上り三重塔の

 

横を通り登山道分岐へ・・・

 

そこの馬の背から登山開始

 

割とゴツゴツした岩場で登っていて

 

楽しいです

 

で、一息もせずに一気に登ったら

 

20分も掛からないんですね

Sdsc_5487

 

昔、金華山のロープーウェイに乗った

 

記憶からもっと距離があると思って

 

いたのにで、折角なので岐阜城へ(^_^)v

Sdsc_5497

 

シルバーは無料なんですけど300円だったかな?

 

そしてお城からさっき登った百々ヶ峰を見て

Sdsc_5495

 

多度山を見ようと思ったら見えなかった('_')

Sdsc_5493

 

それからひとっ風呂浴びようと温泉検索して

 

”美濃里”

 

のお風呂に行ってきました

 

値段もリーズナブルで電気風呂が俺が

知ってる限りでは一番強かった('_')

 

俺が耐えられない程の電気力('_')

 

ついでに面白かったのが日焼けマシーン

 

最近、顔だけ焼けてたので体を焼いて

 

ちょっとTシャツ感から取り戻した

 

1000円w

 

で、露天風呂に入ってなんか池田温泉の様に

 

ヌルヌルしたお湯だと思ったら池田温泉の湯だったw

 

それから本日のもう一つの目的場所の

 

”楽山荘”へ・・・

 

よく拝見してるブログの記事みていってみましたが

 

俺の探していた絶版の靴が売っていたけど

 

買うつもりで出掛けてなかったので買えなかったw

 

バーナー類は少なかったけどザックの種類は

 

俺が好きなのが多かった(^_^)v

 

そしてイオン各務ヶ原の好日山荘行って

 

モンベル見て実に有意義なw一日を終えました

 

 

とさw

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御在所へ・・・

毎年、一度は泊りで山に登りたいと

 

思っていたので、今年は前回登った

 

新穂高から槍ヶ岳を経由して南岳小屋に

 

初めての山小屋ってのに泊まって

 

翌日は北穂の大キレット、北穂、涸沢岳

 

そして久しぶりに奥穂高で穂高小屋から

 

下って新穂高に降りてくるルートを歩こうと

 

計画してたのでちょっと運動+練習登山に

 

御在所へ出かけた(^^ゞ

Sdsc_5406

平日なので割と空いている(^_^)v

本谷ルートは現在はバリエーションルートに

 

なっているので御在所の地図には載ってない

 

ですがネットで調べて情報は得てたのですが

Sdsc_5408

この写真見ると一之谷って書いてあるんですけど

 

この時は一之谷が本谷なんだと勘違いしてたw

で、登り始めてしばらくしてネットで見た谷に

 

なかなか出ないなと思っていたら

Sdsc_5412

すでに高度がこんなに達していた('_')

流石にこの道でないなぁと思ってたら

 

途中で下から登ってきた人に聞いて

 

気が付いた(^_^)v

 

僕より若い男の子なので以後は彼で紹介(^^ゞ

 

で、男の子が大黒岩に行くと言うので一緒に・・・

Sdsc_5419

これが向こう側からいつも見えてた石なんですね(^_^)v

彼はなんでも御在所に20回以上登っているそうで

 

その後、山頂へも一緒にいって見晴らし台を

Sdsc_5423

 

教えて貰って バリエーションで国見岳へ

 

行きませんかというので急いでないので

 

ご一緒することにした

Sdsc_5424

 

久しぶりに石門へも行き国見岳へ

Sdsc_5429

 

そこで2時間ほど彼と話をしてもう一度

Sdsc_5434

 

御在所のロープーウェイの山頂へ登り返して

 

帰りは中道のつもりだったけど本谷を

 

一緒に下りましょうと誘われたので

 

これまた彼の先導で下山開始(^^ゞ

Sdsc_5440

 

すると本谷の下山口は大黒岩の手前直下に

 

60度はあろうかという斜面からの始まりで

 

見た目にここが下山口とは到底思えないけど

 

彼は登りも下りも何度もしたことがあるよう

 

なので下りて行ったが思ったよりハードな

 

下りの連続でした(^^ゞ

Sdsc_5441

 

途中の巻き道も知らないと行けないかなぁ

 

せめて登ってきたのだったら下り方も

 

分かりそうだけど上から見ると目印も

 

見えないのでかなり苦労するでしょうね

 

まぁおかげで来週の登山に自信がもてたけど

 

最近、御在所で遭難した人いるかなと

 

なんとなく検索したらとんでもない人がいた 

 

まぁ昔は山を登る人はみな同じ側の人間と

 

思ってた時期もあるけど山好きの中にも

 

色んな人がいると知った('_')

 

まぁ仕方ないかw

 

Sdsc_5444

 

そして下山してきて登山口が分かったというw

そう、この

中道登山道の横の谷を登るのが本谷でしたw

 

さて、下山してからその彼に誘われ内緒の

 

無料温泉に連れて行ってもらい疲れを取って

 

来週の登山に向けて必要な物を買っていこうと

Sdsc_5446

 

再来週、拡張オープンするとも知らずに

 

改装中で閉店多数のジャズドリームへいって

 

無駄足で帰路に着きました(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/17

白山へ・・・

月曜日の祭日は友達と白山に行ってきました(^_^)v

去年登れなかった白山

だったので友達が是非行きたいと

いうので急遽よていしたのに

5人も集まって楽しい登山(^_^)v

の始まりの予定でしたが待ち合わせの前から

土砂降りの雨でメンバーからどうする?

と連絡があったのですが夜中の2時に

どうすると言われてもw

取り敢えずもし天気になったら

一日が無駄になってしまうので

取り敢えず行こうとLINE(^^ゞ

もし雨が降ったら日本海側まで

出向いて旨い物でも食べて帰りましょうとw

で、みんなでジムに集合して走りだし、

東海北陸自動車道で白鳥経由で福井方面へ

向かい市ノ瀬のシャトルバス乗り場の駐車場へ・・・

思ったより遠くて到着したのが6時半(^^ゞ


Ssp7171018



で早速、準備してバスに乗車、別当出会で

写真を写して出発出来たのが7時半(^^ゞ


Sp7171021


なんと開山1300年なんですね('_')


Sp7171024



最初の吊り橋から砂防新道へ

岐阜県側の平瀬道とは全く違った

趣なので楽しいです


Sdsc_5302



それにいつも一人の登山なのでみんなで

登れるのも楽しいです(^_^)v


Sp7171028



途中の休憩場所も常にトイレと水場が

あるのでこの道で登るのであれば

500cc程度でたりるのでは??

もちろんそんな水場があるとは知ら

なかったので3L持ってますけどw


Sp7171039



が、黒ボコ岩に到着したのが4時間と

思ったより時間が掛かってます

ただ今、11時半なのでタイムリミットまで

時間が少ないです


Sp7171046



で、室堂に到着出来たのが11時50分

それからみんなご飯を食べて山頂に出発

出来たのが1時(^^ゞヤバいです


Sp7171053


で白山の山頂に到着したのが1時半

それから急いで写真を写して下山開始が

2時前('_')

3時間で下山しないと帰りのシャトルバスが

無くなってしまいます

シャトルバスがなくなるとバス乗り場から

駐車場まで更に2時間かかるそうです('_')

で、みんなが俺に先に下ってバス乗って

昼の12時に規制解除になってるから

車を取ってこいというので室堂手前から

一人で下山開始・・・

同じ道では詰まらぬので帰りは観光新道


Sp7171057



凄くいい景色なんだけど見てる余裕はなし

で、一気に下ってきたら1時間40分で

4時前に着いたw

まぁみんなを待っていても仕方ないので

シャトルバスに乗って駐車場まで降りて

再び車で別当出会までw

それから5時半くらいにみんなと合流して

帰りに白峰温泉へ・・・

良いお湯でした

風呂上りに運転手が寝たいというので

その間、みんなでお酒を呑んで宴会w

そして帰路につきました

3度目の白山だったけどおかげでまたお池周りが

先に延びたw

楽しかったから良いけどねw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/06

銚子岳


2週続けてバイクの部品が届かなかった

 

ので山に出かけた・・・

 

今日は前から気になっていた銚子岳へ・・・

 

Sdsc_5147

 

ここは昔、治田銅山という鉱山の跡地

 

 

Sp6050962

 

10年程前の大雨でもう川は死んでしまって

 

水のないガラガラの河原を永遠にダラダラ

 

朝一番だというのに暑いですw

 

しかも途中の分岐を何度も間違えて

 

4度かな?

 

もう次に間違えたらと思ったら道を

 

ロストするし・・・

 

Sp6051001

 

この流木に貼り付けてある遭難者の

 

張り紙がなければ俺も遭難したかも(^^ゞ

 

Sdsc_5153

 

この稲荷神社が曲者でここを左に

 

登っていくのですが途中を右に降りないと

 

イケないのですが普通に左上へと

 

連れて行かれてしまって・・・

 

ココを3度往復しました

 

あまりの急登に絶対違うと思い登り

 

また下り、やっぱりあれがそうかと

 

また登りをくりかえしていました

 

あれを登っていったら間違いなく

 

滑落したでしょうね('_')

 

張り紙のおかげです・・・

 

さて、やっと右方向の道が見えて

 

本来の登山道を見つけたので進みます

 

Sp6050965

 

この標識も横は薄いので正面にくるまで

 

全く気が付きませんw

 

でも見えると安心ですけどw

 

Sp6050969

 

いよいよ登山ぽくなるのですが

 

ケモノ道程度で落ちたら奈落の場所もw

 

しかも今日の踏み跡はなさそう

 

Sp6050971

 

やっとお地蔵さん

 

Sp6050970

 

 

ケになるそうですw

 

 

Sp6050973

 

お地蔵さんです

 

で、社が

 

Sp6050972

 

俺にはそんな力がないので

 

南無南無して先に進みます

 

腐らない滑る落ち葉に邪魔されながら

 

やっと尾根へ・・・

 

Sp6050976

 

やっと展望が・・・

 

後は尾根伝いに竜ヶ岳方面へ・・・

 

それにしても道が迷走してるw

 

本日の失敗は地図を車に忘れてきたこと(^^ゞ

 

まぁGPSがあるので最悪、道を戻ればと

 

来たけどやっぱり地図は欲しいですね

 

Sp6050981

 

 

やっと分岐に来ました(^^ゞ

 

 

途中にキツツキのお家が・・・

 

Sdsc_5163

 

ヒナがもろに泣いててここにおるぞ

 

言うてるし、穴ももろです

 

癒してくれます(^^ゞ

 

Sp6050988

 

で、やっと山頂(^^ゞ

 

でも夕方歯医者なのでこれにて下山

 

Sp6050992

 

行きには見つけられなかった分岐を

 

青川方面へ下る・・・

 

と、写真を写し終えて振り返ったら

 

人が声を掛けてきたのでびっくりw

 

話を聞いたら俺の通った所を

 

トレースしてしまったらしい(^^ゞ

 

彼も同じ事をいってた

 

もうこれで帰ろうと何度思ったかとw

 

1人だと道に迷った時って同じ事

 

考えるんですね(^^ゞ

 

まぁ帰りは道を間違える事無く下山

 

出来ましたが(^_^)v

 

帰りはいつもの阿下喜温泉へ・・・

 

総評(^_^)v

 

前々から気になってた鈴鹿山系の銚子岳

 

終わってみたら鈴鹿山系では一番難しかった(^^ゞ

 

4月に行方不明者が出てる事がうなずけるね

 

兎に角、登山道らしきというよりほぼケモノ道

 

一瞬でも見失うと道が無くなる山の基本に

 

のっとって尾根を伝う登山の知識がないと

 

完全に迷う恐らく、遭難した人は俺が間違って

 

入った沢をトラバースして滑落したと思う

 

俺もそこに知らぬ間に連れていかれたもの(^^ゞ

 

当然、他の登山者と遭うことなく事無く山頂まで・・

 

・が、帰りの峠を下った瞬間に上がってきた人を

 

見てビックリして声が出たw

 

話を聞くと俺の踏み跡をトレースした模様(^^ゞ

 

お互いの感想は同じだった道を四回ほど

 

ロストしてもうこれで帰ろうかと何度も思わ

 

された基本を思い出させてくれる

 

貴重な登山になった

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/31

藤原岳へ・・・

ただ今、バイクの修理中でどこにも

出掛けられなかったけどバイクの部品が

到着しなかったので久しぶりに山に出かけた

Sdsc_5117

予定ではなかったので勝手知ったる

藤原岳へ・・・

でもお客さんから閉鎖していた登山道が

開通してると聞いていたので初めて

そちら側から登る事にした

Sp5300920

こんなしっかりした看板があるものの

学校の横を通ったり民家の中に入り

込むような道があったり何度も

行ったり来たりw

Sp5300928

で、やっと登山道に入りました

これでモクモクと登れます

Sp5300929

何度も大きな堰堤を階段で上り下り

こんな沢でも大雨が降ったら危ない

だろうね・・・

Sp5300932

ここは絶対、川になるだろうw

Sp5300937

展望はないものの涼しくて登りやすい

Sp5300941

大貝戸登山道からだとこの標識は

8合目の分岐から上にあるので

もう少しで9合目だね

Sp5300938

このカレンファルトが見えると藤原の

9合目って感じだね

Sp5300943

で、久しぶりの避難小屋(^_^)v

Sp5300951

で、山頂です

何度目かな??

Sdsc_5125

今日は白くくすぶってて展望よくないですね

それにまだ時間も早かったので久しぶりに天狗へ・・・

Sp5300952

汗でレンズがやられてるw

Sdsc_5122

バイオトイレも綺麗に使われてますw

帰りはいつもの大貝戸を下ってきました・・・

Sdsc_5133

総評w

朝一番、小川沿いに歩きはじめると

シダの香りが一緒に流れてきて

とてもいい大好きw

登山道に入るともくもくと登ったが

1人で登る時は自分の反省の時間に

してますのでいつもの自問自答w

しかし、汗かいたな全身、びっしょりw

水の旨さを確かめたくて山頂まで飲まない

と決めていたので山頂に到着して飲んだら

小学の時の水を飲まされなかった時代の

水の味を思い出したw

と、まぁわざと与えないで我慢するという

修行を他にも取り入れているけど

喜びが倍増しますw

山頂に到着したのが10時前だったので

久しぶりに天狗まで縦走してきて予定通り

昼前には下山汗が半端なかったので

阿下喜温泉で昼から風呂に入って

大好きなホームセンターを3店巡って

帰ってきましたw

やっぱり山はいいね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/27

野伏ヶ岳へ・・・

月曜日は山で知り合った姉さんに誘って頂いて

 

姉さんの友達と俺の三人で野伏ヶ岳へ・・・(^_^)v

 

Sdsc_4810


7時半に白山中居神社に集合だったので

 

5時過ぎに家を出た

 

丁度というかぴったり待ち合わせの時間に

 

到着するとすでに姉さんの友達だけがいた

 

ので挨拶を交わして姉さん待ちw

 

で、姉さん登場で準備をして

 

8時に出発(^_^)v

 

Sdsc_4811

 

姉さんのお友達はスキーで俺と姉さんは

 

歩き(^^ゞ

 

Sdsc_4816

 

が、前半からカンジキを使ってもボコボコで

 

思ったより体力を使い久しぶりの山

なのもあってかそうそうから諦め

モードだったけど 実は誕生日

だったので絶対に山頂にと思って

密かに頑張ってましたw  

S016_xlarge


撮ってもらっていた野伏ヶ岳をバックに(^_^)v

 

S1490750374361


こんな感じでガシガシ登ってるんですけど

 

たまにズボットw

途中でみんなとマッタリ

S2003

 

そして最後の尾根に上がる雪庇にて・・・

 

S1490610979115

姉さんは途中で足を痛めたので

 

二人で先を急ぐ(^^ゞ

 

S1490750316013



何とか12時半に登頂(^_^)v

 

こんな時期ですが写真では分かりにくいけど

 

吹雪いてましたw

S043_xlarge

で、山頂から姉さんの友達はスキーで

 

尾根からダイブw

 

かっこよかったです(^_^)v

 

俺にはまだ無理w

 

もし登頂できないといけないので内緒に

してましたが帰り道にBirthday peak

なので頑張ったと伝えたらハッピーバースデー 

歌ってくれて嬉しかったなぁーw

 

帰り道、三人で満天の湯の風呂に入って

みんなとさよならして俺は道の駅で
birthday niget  (笑)
道の駅に隣接していた居酒屋をみつけて
 

Sdsc_4876

一人酔っぱらって隣のラーメン屋さんで

仕上げラーメン(^_^)v

 

Sdsc_4875


そして就寝w

 

 

翌日

 


 Sdsc_4878



翌朝は長良川の河川敷でご飯を食べて

 

長良川の水で歯を磨いてサッパリ(^^ゞ

Sdsc_4881


午前中はラストのホワイトピアたかすへ・・・

 

どうしても無料のリフト券を無駄にしたくなくて

 

誰かにプレゼントする為にきました

 

で、俺のお眼鏡にかなったのは

三人の子供を一人で連れてきた 

お母さんでリフト券上げたら買いますってw

いやいやあげる意味ないですといったら

お菓子を持ってくるのでお断りして 

Sdsc_4882

 

今年、ラストのホワイトピアからの景色は

白山も昨日登った野伏ヶ岳もバッチリ

Sdsc_4886


そしてこちらもラストになる鷲ヶ岳

ちゃちゃっと2度ほどリフトに乗って

ホワイトピたかすに戻り心の中でサヨナラして

 

昼からは移動して高鷲スノーパーク

Sdsc_4896


今季初w

Sdsc_4894


そして20数年ぶりの
ダイナランドをハシゴw

 

やっと最後の目的の高鷲スノーパークで

Sdsc_4897

ピザ職人の友達の鶏ちゃんピザ

食べて今年の奥美濃のスキーを終えました

Sdsc_4898


オーストラリア時代の友達(^_^)v

 

俺もまた歳を重ねたってのに何にも変わらん

 

でも人の優しさを感じるようになったかな

 

しかしまだまだ勉強ですw

 
 

さて、春が来たら何をするべきか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/15

タイツの補修

Sdsc_4574


登山用のタイツ

メリノウールだから毛100%なのは

分かってたけど

まさか虫に食われるとは('_')

Sdsc_4616

 

勿体ないので補修しているけど

手間が掛かりすぎ

 

穴の数が多いのもあるけど

仕事の合間を使っても...

2週間はかかりそうw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/07

古いピッケル

Sdsc_4315


古いピッケルを見つけた(^_^)v

 

エバニューmodel RCC

Sdsc_4316

 

何と言っても刻印が69...

つまり俺の生まれた年のピッケル

 

メッチャ嬉しいです(^_^)v

 

飾るのに買ったんですけど

 

まだ使えそうなので使うつもりw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/20

白山へ・・・ が・・・

ずっと前から計画してたんですけど天候に

恵まれず、ずっと先送りになってた白山へ

ジムの友達と出掛けてきました(^_^)v

朝、3時半に出て順調に東海北陸自動車道を走り

平瀬道登山口にある林道入り口に到着

何やら嫌な予感( 'o')

Sdsc_3978



それでも時間になれば開くのかな?

なんてゆうちょに考えながら電話

してみると・・・

今シーズンは絶望的な話をされた('_')

てか今日は確実に無理じゃん

たまたま祭日だったので他にも沢山の

登山者がいて話を聞くと

福井県側からの登山道の方が距離が

短いと教えて貰ったのでネットで

検索すると確かに距離は短いようだけど

そこの場所に到着するのに時間が掛かり

そうだったので諦めた

何より、みんなと登山するのが初めて

なのでどれくらいの速度で登れるか

分からなかったので(^^ゞ

俺なら今から福井県側に行っても

帰ってこられる自信はあったけど

万が一の事を考えて・・・

で、結局、色々考えて

一番近いメジャーな山の大日岳にした

ここなら一度登った事があるので 

Sdsc_3979


途中の御母衣ダムをみんなで見学w

俺はこの風景は何度目だろうねw

20回はここに来てるかもねw

そして取り敢えず、ひるがのにある

登山道へ・・・

向かったんですけど道が分からなくて

適当な所に林道発見で

Sdsc_3980


見事、立ち入り禁止区域にみんなを入れて

一枚撮ってやりましたw 

入っちゃダメだってw

まぁなんとかなるかなと歩き始めたものの

全く、登山道らしき所に到達しない(^^ゞ

ちなみに俺が適当に出発しちゃった

んですけどw

途中で諦めて車に戻る・・・

結局、これで二度目のロス(^^ゞ

これは俺のせい(^^ゞ

今日は山に登るなという事か??

が、今度はスマホのGPS頼りに登山口に

向かうとすんなり到着(^^ゞ

S1476087104642

で、改めて登山開始(笑)

程よい林道で高度を上げていくけど

思ったよりアップダウンがきつくて

みんなしんどそう

Spa100905

取り敢えずあと3Kの案内で

多分、半分以上きた

Spa100906

で、一服平

Spa100910

で、展望台に着いたけどw

みんな

「え?まだあるの?」

まぁまぁ辛そうですwww

で、毎回、人と登ると聞く言葉が出た

富士山より辛い

俺は富士山に登った事がないので

なんだけど、どれだけ富士山の登山が

楽なのかと思ったけど、そうではなくて

富士山は混雑してるから少し登ると

渋滞で止まるから必然的に休憩が

出来るからだそうな

とか何とか話しながら歩いていたら

Sdsc_3982

山頂到着・・・

Sdsc_3983

本来ならあれに見える白山だったのにね・・・

さて、気を取り直してみんなでご飯

Spa100912

とは言ってもお湯を沸かしてカップラーメン

ですけどね・・・

やっぱり、みんなで登山すると楽しいですね

多分、二時間とか休憩したかもw

Spa100913

それに山頂は凄い人でした

前回の槍ヶ岳もそうだったけど祭日の

山頂は沢山いるんですね(笑)

さぁでは帰らないと行けないですから

出発しますよ!!

Spa100916

少し休憩が長かったおかげか帰りは

みんな割といいペースで帰りは

二時間半で帰ってきました

しっかり汗をかいたので、帰り道にある

湯平温泉へ・・・

Sdsc_3984

なかなかよい温泉でトロリとした湯触でしたw

帰りの高速も渋滞という渋滞もなく

終わってみれば楽しい登山でした(^_^)v

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/05

念願の槍ヶ岳へ・・・2016-9-26~27



日曜日に仕事が終わってからお風呂に入って

直ぐに寝て1時半に起きるつもりがちょっと寝坊

店に荷物を取りに行って出発できたのが2時半(^^ゞ

予定より30分おくれたw

Sdsc_3750

準備には余念がなかったけど

なにぶん一年振りの北アルプスは

不安に満ちてる('_')

が、ここで出掛けなくては一生行け

なくなるのは分かっているので

頑張って行くわ(笑)

Sdsc_3754


3時間もかけて平湯に到着すると雨('_')

それから新穂高の深山荘の前の

無料駐車場へ・・・

Sdsc_3757

駐車場はまぁまぁ一杯

Sp9260727



しかも丁度雨が上がったので直ぐに支度して

出発するもGPSが久しぶりすぎて反応悪しで

チョット出遅れて6時半に出発

本日は水の重量はいれずに18kg弱なので

最終的には20kgかな??

Sp9260728_2

取り敢えず、登山計画書を・・・

新穂高より槍平小屋を経由して槍ヶ岳へ・・・

そして帰りは南岳経由で下山・・・

Sdsc_3759


春先にお世話になったホテル穂高の前を通るw

 

Sp9260731


ココを過ぎたら後はひたすら林道歩き・・・

 

景色も何もないのでつまらない・・・

 

そうこうしてるうちに雨('_')

 

Sp9260735


簡易レインで雨をしのいで進む

 

Sp9260741

白出沢出会い

 

これは奥穂高に続く道・・・

 

登った事はないけど登る時はジャンダルだろうなぁ・・・

 

Sp9260744

そして林道終点の白出沢

 

ここから登山道です

 

堰堤、横から登ります

 

ここら辺りは上高地の横尾の感じ

 

後は滝谷出会いで水が増水してるかどうか

 

まぁそれは心配してませんでしたが

 

Sp9260753

 

案の定、正常水位で橋も掛け直しても

 

済んで通行可能に・・・

 

ここからしばらくダラダラと上り詰めると

 

木道が見えてきて槍平小屋が見えてきます

 

Sp9260756


無事??

 

に、到着ですが結構、濡れてしまった

 

殆どは汗なんですけど着替えるほどに・・・

 

が、ここではあまり感じなかったけど

 

一番の失敗が靴まで濡れてしまったことかな(^^ゞ

 

Sp9260760


このままずっと雨の予感なので完全防備に

 

着替えて槍平を出発

 

Sp9260764


しかしながら凄い疲労(^^ゞ

 

この頃からちょっと足の指が擦れて痛くなった

 

と、いうより濡れた皮膚がふやけて擦れとる!!

 

まぁ今更遅いけど・・・

 

Sp9260766

 

 

最初はこれが槍かと思ったがちと違う

 

Sp9260773

 

でも尾根には霧が掛かっているので

 

どれがどれだか分からない

 

せめてもの救いは視界があることかな・・・

 

Sp9260769


このエイドはよくヤマレコとかでも見るので

 

やっとここまで来たかという感じw

 

Sp9260770


やっと・・・

 

この頃より20m進んで休むの繰り返し

 

やっぱり酸素が薄いのか息が上がる

 

それにしても惨めなほど休憩ばかり・・・

 

Sp9260776


後ろを振り返ると2年前に登った

 

笠が岳が見えたけど

 

そっちが晴れてどうするの!!

 

Sp9260780

やっと稜線が見えるも逆に槍が見えんw

 

Sp9260782


やっと2900mまできた

 

けど、ここで最後尾の女子にも抜かれる(^^ゞ

 

それが一番辛い・・・

 

Sp9260785


やっと稜線

 

飛騨乗越(^_^)v

 

日本で一番高い、峠とか??

 

ホントか??

 

Sp9260786


俺を抜いていったパーティー(^_^)v

 

てか、どこまで登るんや!!

 

と、心の中でボソボソ

 

 

Sp9260791


そしたら直ぐにテン場が(^_^)v

 

良かった~~

 

マジで到着できたぁ・・・

 

Sp9260789_2


ああ、これでは下から見えん訳や・・・

 

頭だけ隠れとるもん(笑)

 

早速、受付を済ませテントを張る

 

丁度、雨が止んで剣岳を登った時の

 

ザーザーの中のテント張だけは避けられた

 

Sdsc_3766


笠が岳をバックの今日の寝床(^_^)v

 

Sp9260792



すぐ下に俺を抜いていった女子のパーティー

 

そして明日が天気なら向かう予定の南岳方面(^_^)v

 

Sdsc_3769



殺生ヒュッテ方面のカールは紅葉する木が

 

少ない感じ・・・

 

そうこうしている間にまた雨が降りだし

 

やむなくテントの中でバーナーを炊く羽目に(゜レ゜)

 

Sdsc_3772


担ぎ上げた鬼殺しで体を暖める

 

至福の時・・・

 

そしてチキンラーメン食べて残ったオニギリを

 

雑炊にして6時には疲れて寝てしまった・・・

 

 

翌朝というか12時くらい目が覚めたけど

 

雨は降りっぱなし

 

2度寝をすると4時半に目が覚めたので

外を見てみると星空に変わっていたので起床

 

取り敢えず槍ヶ岳の山頂に向かおう!!

 

で、モタモタしてたら5時15分の出発

 

Sdsc_3785


しらじらっと明るくなってきてヘッドライトの列が見える

 

Sp9270800


急いで登り掛ける

 

見た目と違って思ったより柔らかい登り

 

まぁ鎖とかハシゴがあるおかげなんですけど(^^ゞ

 

Sdsc_3794


途中で朝日が・・・

 

モルゲンロート・・・

 

槍ヶ岳山荘のバックに笠が岳、遠くに白山も!!

 

こういう瞬間が山からの贈り物

 

すばらしい・・・

 

Sp9270807


そして写真の順番待ちからの登頂写真w

 

 

Sdsc_3809

 

笠が岳に槍の影も見えた!!

 

さ、下ろう・・・

 

今日は天気なので南岳経由で下る事に・・・

 

急いでご飯を食べてテントを撤収して

 

ちょっとカメラで

 

Simg_3207_2


噴火から丁度2年の日の朝に乗鞍岳の

 

向こうに見える御嶽山(゜゜)

 

両方とも登った山だけに感慨深い

 

Simg_3208


望遠で笠が岳山頂を写してみると人が見えた(^^ゞ

 

Sp9270819


7時半に出発

 

昨日の疲れがあんまり残ってないので

 

まぁまぁ元気がある

 

Sp9270828

 

大喰岳(3101m)

 

もう槍ヶ岳からこんなに離れたw

 

Simg_3218


建物もこんなに立派なのに新穂高ロープーウェイの

 

展望台から肉眼で殆ど見えないから

 

いかに人間がちっぽけなのかわかりますね・・・

 

Sp9270830


綺麗な尾根を歩けます(^_^)v

 

Sp9270834


ちょっとしたハシゴもありますが全体的に

 

緩やかな優しい稜線です

 

Sp9270841


中岳(3084m)

 

Sdsc_3838


笠が岳がスコン(^_^)v

 

Simg_3209


そしてその向こうの再来週に登る予定の白山

 

Sp9270858


ここを降りていくと天狗原なんですね

 

また今度ですけど・・・

 

Sp9270864

 

南岳(3032m)

 

最終ピークの南岳に到着(^_^)v

 

Sp9270874


さぁこれで下るのみですが

 

濡れた靴を履いてきたのでフヤケテ擦れた

 

皮膚が水膨れ寸前なのでテーピングでフォロー

 

10時半に南岳小屋を出発

 

Sp9270877


木の橋は滑るので雨の日はやですね

 

Sp9270881


だれもいないカールを歩きます・・・

 

Sdsc_3846


やせ尾根に掛かる木道も雨なら危ないなぁ・・・

 

Sp9270888


思えばこのエイドからの下りは

 

Sp9270889


遠くに見える槍平小屋まで永遠に続く

 

このガレ場は死ぬほどきつかった

 

今回、これが最悪で足元がずっと不安定のまま

 

もうこれでもかって平坦な足を休ませる

 

所もなく永遠にガレガレ・・・((+_+))

 

Sp9270890


ずっとガレガレか壊れかけのハシゴなどなど

 

なので写真も写す元気がないほどで(^^ゞ

 

Sdsc_3850

2時間40分のコースタイム通りに到着

 

お恥ずかしい・・・

 

ここへきてやっと安堵(^^ゞ

 

もうゴールした気分だったけど

 

この後の優しい下りさえも

 

ガレガレでやられた足には辛く・・・

 

Sdsc_3851


ほら

 

ゴールした時にはこんなに不機嫌だもの・・・

 

Sdsc_3852


下山届を出してほっとしたけど

 

無料駐車場ってこんなに遠かった???

 

と思うほど歩かされて車に到着

 

4時45分に到着

 

それから焼岳温泉に入って

 

Sdsc_3854


いつものツルヤの温泉卵を三つ食べて

 

帰路につきました

Sgps2016926


今回のGPSデータ

 

 

久しぶりの登山でちょっと不安が多かったけど

 

山は何かを教えてくれる俺には必要な存在

 

一人で登っているけど決して一人ではなく

 

登山者や山小屋、携帯電話などの人の

息吹を感じて決して驕らず謙虚な姿勢を

忘れさせないでくれる・・・

さて、次はどこの山にいこうかな?? 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧