2018/10/09

涸沢に・・・

今年の北アルプスは台風と祭日のダブルパンチで

諦めていたんだけど、なんか急にここだけはという

気持ちになり前日に思い立って火曜日に日帰りで行く事に・・・

前に日帰りは経験しているものの急遽、お袋も連れて行く

事になりお袋は上高地に置き去りにするので午後の2時までには

なんとか帰ってこないとまずいので荷物は7kgまで落とした(^^ゞ

少し走りも入れないと戻ってこれないかもと靴はランニングシューズ

取り敢えず沢渡の一番のタクシーに乗り込み上高地を出発したのが

5時38分2時までには帰ってくるとと真っ暗なバスターミナルに

お袋を残してスタート

 

 

Sdsc_6931_20190802100401

明神岳のモルゲンロート

ここでなくても暗闇から朝を迎える瞬間は格別(^^ゞ

この心洗われる瞬間こそ早起きは三文の徳な気がしますw

とかなんとかニヤニヤしながら足早に梓川を登ると

丁度、1時間半で横尾に到着

ちょっと暑いので服を脱いで直ぐに出発(^^ゞ

 

Sdsc_6939

屏風岩もしっかり紅葉(^^ゞ

ここまで来ると本谷橋まで直ぐですw

 

 

Sdsc_6943_20190802100501

7時50分に通過

去年は大雨だったのに今年は快晴(^^ゞ

テント泊だと雨で日帰りだと大天気w

とか考えながら登っていたら足が滑ってバランスを崩し

もう少しで3mの高さから滑落しそうになりました(^^ゞ

なぜかランニングシューズがズルズル('_')

もっとチェックしてこればよかった・・・反省

Sdsc_6944

あの上に見えるカールは未だ調べてないけどいつかいきたいなぁ

と来るたびに思う

前に、この下からヒョイヒョイと一人で登ってきた人を

見たことがあるがバランスしかり足さばきしかり

かなりのベテランであった

まるでカモシカの様にこのしたの岩の上を上がってきた記憶しかないw

Sdsc_6949_20190802100601

などと思い出しながら歩いていたらあっという間に到着(^_^)v

9時前に到着したからバスターミナルから3時間20分でこれたw

さておき、久しぶりの涸沢

もうピークは過ぎてしまったと思うけどそれで天気は良いし

すごくキレイ

Sdsc_6951_20190802100601

一時間くらいは休憩できるかしら??

ここの風景がやっぱり好きで来たんだよね

去年はこの北穂高に雨だったけど登って次の日も雨で

 

去年の北穂高編

 

日帰りだとこのように快晴だなんて

なんて皮肉なw

 

涸沢のパノラマ

 

Sdsc_6957_20190802100701

終わりがけとはいえ雲一つない青空に穂高は美しい

コルにある穂高山荘に行ってみたいという衝動に駆られる

ホントに一瞬、まだ時間も早いので奥穂を経由して

上高地にと思ったが上高地に待たせてあるお袋と

滑って滑落しそうになったランニングシューズを

思いだし留まったw

まぁここで一時間ほどゆっくりした方がいい

Sdsc_6986

それにしてもここのテラスは居心地がいいw

ロッジの方にも寄らせて貰い展望を楽しんだ

Sdsc_6965

2週間しかないピークを過ぎれば途端にテントの数も減る

ピークは500張以上になるらしいw

ちなみにここのテント場は岩がゴロゴロだし水はけは悪いし

決して快適とは言えない(^^ゞ

しかもコンパネを500円で貸してくれるけど無いと

寝れない程だから必要な経費、それ故にガタガタを

直そうともしていないのかも(^^ゞ

Sdsc_6981

一円も使わないと山小屋の存続に繋がるので

敬意を称しておでんを頼んだが卵が200円とは

なんだか・・・

とまぁせこい話をしてても仕方ない訳でw

それよりもこの冬を迎える前に涸沢での秋を満喫できて

嬉しく思いますw

さて、下山、涸沢ヒュッテを10時過ぎに出発

 

Spa093624

帰りはパノラマコース

ちょいバリエーションだが奥穂、北穂あたりを登った

事があるなら大丈夫と山小屋の人に言われた(^_^)v

て、2度目なんですけど一応、聞いてみた

 

Spa093625

一度、涸沢より高度を150m程上げて屏風のコルより

下り降りる道なんですが、唯一、槍ヶ岳が見える

コースなので通りたかった

Sdsc_6990

しばらく歩くとヒュッテ、ロッヂ、穂高連峰の見渡せる

ナイスな展望ポイントに着く

 

Spa093627

が、途中からは結構危ないトラバースが続く・・・

時期に屏風のコルへ・・・

Sdsc_6992

槍ヶ岳もばっちり

しかし快晴、天気が良すぎw

Sdsc_6996

コルから見える最後の涸沢

これより下りますので見えなくなります

屏風のコルよりパノラマ

 

11時過ぎに屏風のコル出発

下界に梓川が見える

Sdsc_6994

Spa093633

コルより下り始めて振り返ったところ(^^ゞ

ココからの下りは足元がしっかりしてるので

割と楽(^^ゞ

Spa093644

なので一気に新村橋へ・・・

パノラマコースの距離は短いもののアップダウンが

あるので時間は掛かる

むしろここから上高地までの方がまだあるなぁ的な感じw

Simg_4993

が、急いで歩いてきたので予定通り2時前に到着

お袋に写真を写して貰い安堵w

Sdsc_7003

べたではあるがここのソフトクリームはマジで旨い

旨いけど300円とか小さいのに高過ぎるw

帰りも乗合でタクシーで沢渡へ・・・

いつもの様につる屋で温泉卵を食べて

平湯の森で温泉使って帰ってきました(^_^)v

 

追伸

山は逃げないが、今年は行けなかったという言葉が

今年は行かなかったになっていく

いや、気持ちの問題ではあるがやり続ける事こそが

若さの源になり、老いるとは自ら選ぶ道だと思っている

なので、山は逃げないが自分が山から逃げてしまう事に

ならないように今回も無理してきたけどやっぱりよかった

お袋も上高地に来られて良かったと思うw

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2018/09/18

駒ヶ岳西横川の沢登へ・・・

山の先輩方に誘って頂いて木曽駒へ・・・

初の沢登のデビューを手伝って頂きました<m(__)m>

 

Sp9173513

初心者予想は裏切られ、落ちたらあの世に一番違い場所を

何度も歩く羽目になろうとは・・・

S1537187579182

入渓直後の堰堤でまずやられました(^^ゞ

リーチが無ければとても上がれるものではなく

やむなく助けを借りて堰堤を超え

 

S1537187616640

前半から幾度もの難所はすべて先輩がリードしてくれ

こちらは安易にやすやす登らせて頂きました(^^ゞ

ただ、木曽駒ロープーウェイの乗り口から終点までの

距離ですから簡単ではありませんが・・・

 

Sp9170026

この滝も左側から登り詰めました(^^ゞ

Sp9170021

こんなシャワー乗り越えてw

ゴールのレリーフからロープーウェイ乗り場まで

永遠トラバース(^^ゞ

ここが俺にとっては一番の難所だった

兎に角、横は怖い!

このトラバースに1時間ほするとやっとゴールの

ロープープエイが見えてきた

S1537187630430

ここまで来るとやっと楽しい思い出となるw

S1537187642689

最後に千畳敷で記念撮影をしてロープーウェイで下山です

ありがとうございました(^^ゞ

 

駒ヶ岳西横川の動画です

 

 

 

 

| | コメント (0)

2018/09/03

沢登り

Sdsc_6852

友達に折角誘って貰ったので沢登に挑戦することにした(^^ゞ

沢ブーツ、タイツ、スパッツ、ウォータープルーフなどなど

ハーネス、ザックは登山用のを流用(^^ゞ

これで沢屋になれるでしょうかね??(笑)

 

 

 

| | コメント (0)

2018/08/17

沢登の道具

沢登の道具をみようとモンベルへ・・・

いつもならジャズドリームのモンベルなんですけど

ジャズのモンベルは商品が全部そろってないので

港区のイオンのモンベルへ・・・

Sdsc_6769

ブーツを履いてみて他にいるものを考えたら

保温タイツ、スパッツ、防水のバックとか

考えていたら結構な額になってしまうので

やっぱり今年は諦めました(^^ゞ

それから暇だったのでフラフラとvillage vanguardへ(^^ゞ

一通り見たので別のお店に向かおうと思ったら

Sdsc_6768

またvillage vanguardのようなお店があって

ん?

と思ってよく見たら

vintage vanguardと書いてあるので

店員さんに聞いてみたら

village vanguardのアウトレットですというか

5年以上前の商品しか置いてないそうな

で、よく見たら店内すべて90%OFFとな?

Sdsc_6767

こりゃいい所にいい店で来たとすべて

見させてもらったが何一つ欲しい物がない!

Sdsc_6766

Sdsc_6765_2

というかゴミしかない

90%OFF?

とんでもない99%OFFでないと無くならないと

思った

例えばアイフォン5の物を売っているが

娘曰く、アイフォン5使ってる人はもうここでしか

ケース買えないと思うとなw

ぐらい的な品揃え(^^ゞ

そう、5年も前といえば今では大昔の事になる

時間はあっという間に過ぎるんだから

こんな商品でも売ろうとしてるvillage banguardには

少々がっかりしてしまった(^^ゞ

まぁもっとも俺にがっかりされてもヘでもないだろうけど(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/21

藤原岳へ・・・

Sdsc_6416

遠くに削れて見えるのが藤原

登山を初めて年に一度は登る山なのですが

冬にスノボで山に籠り過ぎたせいなのか

なんだか今年は山が遠のいて・・・

10年に一度はやる気が全くなくなる

モードってのがあるんであまり気にしてないですが

そんな時にでもホームグランドの多度山や藤原

御在所なんかは登る気になるのでw

Sdsc_6418

西藤原の終点駅

ここから少し歩いたところに大貝戸登山口(^^ゞ

Sdsc_6419

今日はトレーニングで来たので水を多めに4Lほど

今日は名鉄主催の登山ツアーだったようで

登り口にから小さな進路案内が各所に

取り付けてありました

Sdsc_6426

別に急いでいたわけでもないけど

途中の写真と説明はなんどもしているので省略(^^ゞ

Sfuziwaratime_2

でもゆっくり上で一時間ほどご飯食べて昼寝

行く予定なかったんですけど暇だったので

天狗まで行って降りてきました(^_^)v

やっぱり好きな山は何度登ってもいいですね

かといって、毎週登るのはダメだけどw

はぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/23

アライテント ドマドーム2

 

去年の秋の涸沢の雨でというか

以前から全室のあるテントを探してて

やっと理想なのを見つけてあった;

俺にしてはちょっと高価なので 

楽天ポイントを使って割引率の高い時を

狙って買おうと密かに待ってたのに

以外に早くバザーやり始めたので

無理して買ってしまった(^^ゞ 

 

 

Sdsc_6360_2

 

 

 

休みに早速、木曽川の河川敷にきて

初組立をいたします(^^ゞ

 

 

 

初組立の動画

 

 

結果的にいいますと

 

とても簡単に組み立てられました(^^ゞ

 

3ポールなんですけど3ポールとも

 

同じ長さなので間違えることもないし

 

自立式なので最悪ペグが打てない所でも

 

一応は使えそうです

 

Sdsc_6364

 

これがそとからみた土間部分

 

一応、したから立ち上がっているので

 

外のフライから雨が下から打ち込んで

 

来ないので雨の日には役に立ちそうです

 

Sdsc_6367_2

 

 

中から見るとこんな感じです

 

Sdsc_6368_2

 

中にあるベンチレーションも風通しが

 

良さそうだし買ってよかった(^_^)v

 

Sdsc_6363_2

 

手前は20年以上使ってるICIのゴアライト(^_^)v

 

でも現行モデルはゴアテックスじゃないらしいです

 

俺のはゴアテックスなんだけどね(^_^)v

 

で、奥が今回購入のドマドーム2です

 

居住性もいいし、自重もゴアライトと

 

変わらないし、これが使えるのが楽しみですけど

 

今の所は予定なし(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/31

グラブホルダー

Sdsc_6138

 

百円均一のゴムバンドとアクセサリリードロープで

グローブホルダーを作りました(^^ゞ

Sdsc_6136

といってもマジック付ゴムバンドをウェアの

上から丁度良い締め加減になる様に計って縫い付けた

だけですけどねw

で、エイトノットで輪を作ってどのグラブにも装着出来る

ようにしました(^_^)v

ゴムバンドが伸びるし、これでリフトからとか

写真写す時とかグラブを落とさずに済みそうです(*^。^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/16

大日ヶ岳へ・・・

マラソンが終わったらスノボに切り替える

予定だったので翌週の連休はホワイトピアたかすへ

泊りで出掛ける予定でいたら

浜松の姉さん(浜松で美容師やってる友達)から

連絡があって来週、大日岳に登るから一緒にどう?

と、誘われ、どうせ泊りだから一日は登山でも

いいかと一緒に行く事にした

道の駅大日で待ち合わせて高鷲スノーパークへ・・・

 

Sdsc_6059

今日は姉さんと友達合わせて5人のパーティー

それから登山の場合は駐車料金1000円で

ゴンドラに乗らないとゲレンデ登山は禁止だから

プラス1200円(^^ゞ

しかも帰りは乗っても乗らなくても値段は

同じだそうなw

Sdsc_4898

前に写した写真w

 

高鷲スノーパークのゲレンデ入口で

友達がピザ屋をやってるので覗いてみたら

元気に働いていたので取り敢えず挨拶を

交わして登山届を出してリフトに乗りこんだら

姉さんが

「アレ?スノボのブーツは?」

あ、忘れたw

窓が閉じる瞬間だったのでサッと下りて

先に行ってもらった(^^ゞ

上で合流して出発

S001_xlarge

歩き始めて早速、天気がw

天気予報は晴れだったのにw

なぜか雲行きが怪しくなって少々吹雪いたりしてw

Sp1153479

なんだか視界もゲレンデは良かったのにw

だから姉さんに俺が来ると天気がっていったのにw

S009_xlarge

樹氷も綺麗だけど視界が・・・

しかも視界がなくても話しながら歩いてたら

直ぐに山頂(^^ゞ

S015_xlarge

浜松のメンバー(^^ゞ

 

Sp1153481

サングラスを忘れてきたので車にあったこれでw

もう一山行く予定でしたがみんなと相談して

風も強いし、視界が少ないので

今日はここまで(^_^)v

S008_xlarge

帰りも話しながら楽しい下山

Sp1153484

姉さんが友達に雪崩講習してるw

この後、スノボをデポしたのを忘れて

ほぼゲレンデで気が付いて登り返したのが

この日、一番辛かったw

ここで俺と姉さん以外はゴンドラで下山(^_^)v

S027_xlarge

 

前回のスノボから滑りが回復してないし

背中に背負った荷物が重すぎて滑りにくいw

でも登山も出来たしスノボも出来たのでいいけどw

下で合流したので僕からみんなに

友達のピザをプレゼント(^_^)v

Sdsc_6058

けいちゃんピザをチョイスしましたが

みんなに大評判でした(^_^)v

で、浜松チームは牧歌の里のお風呂に

行くと言うので途中で別れて

俺は一人、ホワイトピアたかすへ・・・

Sdsc_6079

 

ひゃはwシーズンパス買いました

今季はホワ専ですwww

で、早速、リフトに乗り込み

Sdsc_6066

さっき登った大日岳が目の前に

俺が下りてきたせいなのか視界良好w

そして何本か滑ってラスト一本で

ストレートジャンプを試みたらあえなく

転倒して胸を強打しそのまま本日、終了

板を片付けようとしていたら同じジムの知り合いがw

まさかこんな所で会うとはw

今夜は同じ宿だそうなw

取り敢えずホワイトピアたかすの大部屋へ

チェックイン(^_^)v

お風呂に入ってゆっくりしたんだけど胸が

思ったより重症ぽい(^^ゞ

Sdsc_6068

ひるがのストアで買ってきたマグロ(^^ゞ

食材もお酒も持ち込みおkで朝食バイキング

付いて2100円は俺にしてみれば無料以上^m^

宣伝の為に書いてますw

他のお客さん会話して弾んでたらジム知り合いが

ご帰還、からのまた呑み会の始まりで夜が更ける

Sdsc_6067

 

今年も熊さん元気でなにより

おやすみなさい(^^ゞ

 次の日

Sdsc_6070

 

朝食はこれなんですけど

ご飯も、卵も牛乳とかひるがの産だと思うから

本当においしんですw

でも食べすぎると滑れないのでホドホドに・・・

Sdsc_6071

 

今日はまぁまぁいい天気なんですけど

肋骨がどうしても痛い(;O;)

なので流して滑ってる感じ

多分、ひびが入ってる

もう咳が怖くて出来ないもん

Sdsc_6072

リーマンのスキーヤーw

痛くてあんまり笑えんけどね

そして痛さ故にテンションも下がり

2時には引き揚げお風呂に入って

岐路に着きました(;O;)

ちょっと時間が早かったので親父の

兄貴の様子を見に親父の

実家によると

叔父さんは両手が使いにくいからと

肺気腫用のボンベを背中にしょって

仕事してた(^^ゞ

頼もしいというか丈夫というのか

Sdsc_6077

左がnewのナイトロ  右がバートン2シーズン使用

なんか12月から痛みばかりの俺(;O;)

取り敢えず予備として置いておくけど

ニューブーツのお披露目w(^_^)v

足にピッタリ合うのを探したおかげでいい感じです

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/13

瑞浪へ・・・

瑞浪のインターを降りるとゴルフの町と書かれていたw

待ち合わせのコンビニに到着すると姉さんも

移動したら・・・

随分前に子供達と来た瑞浪化石博物館の下の

公園だったw

もう今じゃ、俺の言う事なんて聞かないけど

カワイイには変わりないしそれでいい

などと昔の写真を見てたら懐かしいので一枚w

 

Scimg2503

 

さておき、現場へ・・・

ちょっと狭い道を進み駐車スペースへ

すると、もう一方友達が待っていました

<本日は四人です(^_^)v

でも今回も直ぐ泣きが入った(^^ゞ

 

 

Sdsc_5909

 

 

一本目から直ぐにギブアップ

このクラックの扱いというか登り方すら

想像も付くはずなく最初に登るという

難しさを知った('_')

後で、ベテランの消防士さんに登ってもらって

登り方を学び、2本目でクリアしたけど

間に何度、落したか・・・

 

 

S1512994428806

 

 

ここは先に登ってもらいなんとなく登り方を

伝授させてもらいなんとかクリアしたけど

登ったというより這い上がった感じw

 

 

S1512994403238

 

この壁はマジで凄かった('_')

看板ルートのイブ(^^ゞ

俺のような素人には畏れ多いと断りましたが

折角なので触っておきなさいと3人から云われ

まぁまぁイヤイヤ登ってみましたがw

ほぼ垂直でしかもクラックは指さえも入らない

場所もあり離陸直後脂肪w出来ないまま('_')

が、Nさんは登って行った(゜゜)

 

凄いの一言(゜レ゜)

 

 

S1512994417387

 

ここもこの位置まで(;O;)

結局、6ルート中、3ルートで敗退(^^ゞ

姉さんもご一緒させてもらった方たちも

凄いテクニックを持っていて勉強になったし

手取り足取り教えて頂いたので

体に違った重力と引力が少し身に付いた(^^ゞ

どんなスポーツでも一生懸命やれば辛いし

難しいとは感じるだろうけど

これは頭も使うしバランス、体の細部まで

利用しなけばならない究極のものだと思いました

 

いや、もっと辛い難しいものはあるでしょうけど

 

 

 

今の俺にはという事です

 

 

少し変わったのはロープに対する不安というものが

最初より少しは減ったとぐらいでしょうか

他は牛歩程度の進歩のみですw

これからの人生においても目の前に壁が

はだかるでしょうが

意味は違いますがその壁に

自ずから立ち向かうというのはなんか忘れて

しまった遠い昔の頃の自分と向き合う感じが

するんですけど直ぐに諦めてしまうのですが

それらも人生の様にみんなのアドバイスと

励ましにより登れるという意味では人生の

それのように一人で生きてるのでないと

それそれ言ってて何が言いたいのか自分でも

一つ言えることは最近、僕も直ぐに人生を山に

例えてしまう癖が付いたという事でしょうか

これでもう立派なヤマンチュ(山人)ですかね?w

 

 

 

by 瑞浪屏風

Sdsc_5912

そして帰り道にアウトレット土岐に吸い込まれ

また、余計な物を買ってしまったw

でもここからの景色には癒される

Sdsc_5914

Sdsc_5913

まだ登った事のない恵那山も、御嶽、乗鞍も

見えるし天気が良ければもっと遠くまで

見えそうですね

Sdsc_5922

このテーピングの下は血丸けw

 

今回、一発目のクラックで指を3本怪我した

けどなんだろう痛いというより妙に気分の良い

感じがした怪我して気分が良いというのは妙な

言い方だけどそう感じたw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/11/27

天下峰

 

Sdsc_5827_2

今回も誘って頂いてクライミングに

参加しました(^^ゞ

S1511786834133

前回よりも難易度の高さに手も足も出ず

ロープが無ければ10回以上命を失ってます

故に更に登山というものを真剣に挑む事が

出来ます

S1511786855648



でもやっぱり怖いです

克服できるのでしょうか?

よく考えたら登山始めた時の

御在所中道でも

随分、怖いと思ったっけなぁw

S1511786863956

しかし、このクライミングだけは先人がいて

後者が育つ訳で自分一人でGPS持って

始められるほど簡単なものではありません

S1511786845479

なので誘ってもらって教えて頂いて

ロープでフォローして貰って・・・

感謝しかないですね(^^ゞ

そんな姉さんがご飯を忘れたってのに

Sdsc_5831

ランチジャー 昔のw自分で作ったよw

俺、一人でご飯をモリモリ食べてました

から(^^ゞ

最低ですねw

今度から姉さんのご飯も作っていこうかなぁw

また経験値が増えましたw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧