« 白山へ・・・ | トップページ | バイクの調子を見る為に・・・ »

2017/07/24

XJR400R

 

 

実は息子のバイク(^^ゞ

 

お恥ずかしくて全貌が見せられない・・・

 

この前、一度シートを外してバイクを見て見ると

 

オイルクーラーからオイルは漏れてるし

 

フロントフォークもオイル漏れてるし

 

それがキャリパーやディスクでベトベトで

 

いつ事故してもおかしくない状況だったので

 

やむなく修理する事に・・・

 

 

Sdsc_5001

 

 

取り敢えず、いやらしい三段シートを外しました(^^ゞ

 

というか、このシートの鍵も失くしたようで

 

容易に外せなかったw

 

なのでシートキーのアセンブリも注文

 

 

 

ヘルメットハンガーアセンブリ

 

3XY-21308-00        1個    3920円

 

高っ(^^ゞ

 

トルクスのネジであること以外

 

外して付けるだけなので割愛(^^ゞ

 

Sdsc_5045

 

 

はじめにキャブレターのインシュレーターの交換

 

キャブを外すためには取り敢えずタンクを外して

 

燃料タンクから二つのチューブが出ていますが

 

太いのが燃料パイプでもう一つがキャブからの

 

負圧を受けるパイプです、この圧で燃料が

 

送り出されるのでONにするとパイプを外す

 

圧が掛からない状態になるので燃料が流れない

 

といいう事になる訳です

 

まぁ俺はガソリンを抜きましたがw

 

Sdsc_5052

 

 

ボロボロッ(^^ゞ

 

 

キャブを上手に外すにはエアークリーナーも

 

ボルトを外して緩める必要があるので

 

まずそちらから外してインシュレーターの取り付け

 

金具を緩めれば簡単に外せます(^○^)

 

しかし、これでよく走ってたもんだ(^^ゞ

 

一つ取り付け金具がないし('_')

 

なのでこれもパーツを頼んだら

 

4HM-13575-00  一つで1210円だもん 

 

高っ!

 

Sdsc_5076

 

注文したパーツが届くまでにこのヘッドを磨ける

 

ところまで磨いてエンジンの剥離したペンキを

 

落として、塗れるところまで塗ります

 

Sdsc_5090

 

ヘッドを磨いてある程度汚れが取れました

 

一応、マスキングテープで覆って耐熱ペンキを

 

塗って仕上げたんですけどその様子の写真が無いw

 

でもまぁ出来上がってしまったので仕方ない

 

Sdsc_5049

 

 

リヤのテールランプもグラグラ

 

 

Sdsc_5050

 

これも割れてカスカス(^^ゞ

 

Sdsc_5084

 

 

ボロボロのテールランプも磨いて

 

穴はFRPで補修してペイントして

 

 

Sdsc_5092

 

 

部品が到着したのでインシュレーターの交換

 

4HM-13586-00    ジョイントキャブレター1      

 

2個      3694円 

 

4HM-13596-00    ジョイントキャブレター2      

 

2個      3694円

 

でもあくまでも一個の値段w

 

この4つだけで14776円!!

 

左右、対照なので左右で二つずつですが

 

これ一個の値段です

 

燃料の通過する所でなかったら汎用部品で

 

中国製を買えば4000円ほどで買えるけど

 

命は買えないので純正品にしました(^^ゞ

 

 

ピカピカ☆

 

Sdsc_5081

 

負圧栓も劣化してるようであれば交換しましょう

 

家のはボロボロだったので交換しました(^^ゞ

 

キャブレターの取り付けもスコスコと船が揺れる

 

ようにして入れれば普通に入りました

 

むしろ簡単すぎてちょっと心配なので

 

取り付け金具などはしっかり締め忘れないように

 

しました(^_^)v

 

こうしてキャブ周りは一応終了

 

次はフロント周り・・・

 

なのでフロントジャッキも買う羽目に・・・

 

Sp6151016

 

いい感じ(^_^)v

 

これはいずれ欲しかったのでいいけどねw

 

ちなみにフロントフォークを解体するのに

 

ヘッドのボルト式の蓋を開けないと駄目なんですが

 

ハンドルから外してからだと開けるのに

 

苦労するので固定されてるうちに緩めて

 

おくと良いです

 

完全に緩めてしまうと中にバネが入ってますから

 

ドカンと油もろとも飛び散るので注意w

 

タイヤを外す時にはハブを外す前に

 

まずはキャリパーを外して・・・

 

Photo

 

次に六角でハブが固定されているので

 

そちらを外します

 

それからハブのボルトを緩めて抜き取れば

 

簡単に外れます

 

そしてフェンダーも外せばフロントフォークの

 

固定してあるネジを取るだけですが

 

 

Sdsc_5099

 

フェンダーの固定部分も破壊されてたので

 

これもFRPで形成補修してペイント

 

 

Sdsc_5140

 

こんな感じで肉盛りして削って形成して

 

穴空けてと省略してるけど形成してペイントで

 

3日ほどかかります(^^ゞ

 

Sdsc_5095

 

さてフロントフォークですがボロボロ('_')

 

予定ではオーバーホールなので分解しますが

 

普通には解体出来ません

 

それはフロントフォークの特性上

 

中で空転してしまうので両サイドから

 

ネジを解かないとあけられないし

 

メチャしまってますので強力なエアインパクトで

 

開けないと空きまへんよ

 

Sp6151005

 

こんな感じで六角レンチのLをIに切り

 

専用工具を作って変換ソケットを

 

継ぎ足してやっと解けます(^^ゞ

 

が、その瞬間オイルがダァダァに出るので

 

あらかじめ準備をしておいて立て掛けて

 

自然排出(^_^)v

 

そしてフロントフォークが伸びきっている

 

状態でヘッドの蓋をタオルで押さえながら開閉

 

Sp6151014_2

 

中のパイプ、バネ、ワッシャーを取り出します

 

忘れないように常に写真を撮って段ボールに

 

内容を書いて仕舞うなりキチンとした

 

保存をしないと紛失しますよw

 

で、オイルが自然に抜けきるまで放置・・・

 

 

抜けたらいよいよ解体

 

Sp6151006

 

これは組み立てる時に写したものなので

 

シールがないですが実際には赤いラインの下部に

 

シールがありますからねw

 

で、赤いラインにこのようなシールを止める

 

為にピンをはめ込む溝がありそこにピンは

 

収まっています(^_^)v

 

見えてれば

 

マイナスのドライバーで簡単に取れますが

 

水が入って錆びているなら見えませんので

 

先の尖ったもので探り取るしかないですw

 

俺はまるっきり見えなかったし固着してたので

 

相当苦労しました(^_^)v

 

でも形、構造が分かってれば簡単に外せ

 

ますので写真を加工して分かりやすく

 

書いて置いた訳ですがこの加工の方が

 

時間が掛かったという程度の苦労ですw

 

これが外せてもフォークはバラせません

 

後はフォークを縮ませて勢いを付けて

 

引っこ抜く感じでフォークを伸ばせてを

 

「カツン、カツン」の音をさせながら

 

やってると少しずつ取れてやっとバラせますw

 

Sfnaibu1

 

中はこんな感じです

 

で、自分が一番分からなかったので

 

今後の為にも内部構造を画像で作ったら

 

一番時間が掛かりました(笑)

 

Photo

 

繊細さは時間短縮のため求めてませんので

 

ご了承ください(^^ゞ

 

そして注文したシールが届いたので

 

いよいよ組み立てですが

 

フロントフォークの実用上、クルクル回る

 

構造になってますので締め付けには

 

片方を押さえつけない一緒に回ってしまうので

 

専用道具が必要でこれも自作(^^ゞ

 

Sdsc_5103

 

 

 

こんな金具をグラインダーで切り

 

 

Sdsc_5104

 

このフォーク内部が回転しないように

 

片側を押さえつける工具を溝に合うように

 

微調整して作って内部の固定に使うので

 

沢山のジョイントで足の長さを足して

 

インパクトで締め付けて固定

 

それからフロントフォークのシール交換を

 

する訳ですが

 

シールを組み込む前にメタルシールドを

 

打ち込むのですが目視で完全にフラットに

 

完全にフラットですよ~

 

じゃないとシールが入りませんよ

 

シールを入れてからだとまた抜いたりして

 

シールをどんどん傷をつけるので

 

これなら間違いないというところまで

 

しっかり打ち込みましょう

 

でないと余計に手間が掛かります

 

で、完全にフラットになるまで打ち込むには

 

専用工具か自作パイプを使わないとできません

 

俺はこれ↓

 

Sdsc_5106

 

 

こんなのを作りましたがフォークのパイプに

 

傷が付かないのならご自由に作ればいいですね

 

 

Sdsc_5107

 

完全にフラットになったので順番通りに

 

メタル、シール、ピンとはめ込む予定でしたが

 

入りません(^^ゞ

 

実はこの工程を10回ほどやり直しました

 

なぜかというと頼んだシールが入らなかったから

 

で、おかしいと思って捨てたシールと注文した

 

シールを比べてみたら別物だったのです

 

 

Sp6151004

 

上が本来の形で下が違うもの

 

凸型でないとピンが入らない構造なんです(^^ゞ

 

で、俺が間違えて注文したかと注文し直そうと

 

検索したら向こうが間違えて送ってきたと判明('_')

 

改めて商品が到着するのに4日で到着したら

 

また同じ商品が送られてきた

 

この商品には

 

S20140925_67ea6c

 

と、TYPE Bがあるのですけど

 

続けて TYPE Bが送られてきたわけです

 

で、おかしいと思って送られてきた商品を

 

確認すると形はTYPE Bなのにタグには

 

TYPE A と書かれていた(^^ゞ

 

これでは間違って届くはず・・・

 

で、また改めてその旨を伝えて商品が届くのに

 

3週間をようした(^^ゞ

 

で、改めて組み立てだけど

 

これで何度目だろうね・・・

 

Sp6151007

 

 

で、こんな感じでラップでもなんでもいいから

 

かぶせるとシールは傷つきにくいです

 

で、すんなりピンも止められシールカバーを

 

して組み立ては完了

 

で、フォークオイルの注入(^_^)v

 

 Sp6151008

 

オイルを入れますが100円均一でも

 

計量カップがあるのでそれを使うと安く済みます

 

ちなみに油糧ですが463mlのネットでは流れて

 

ますがそこまで気にする事はないと思いますが

 

一応スコスコ動かして1時間くらいは様子見ると

 

良いでしょう(^_^)v

 

 

Sp6151011

 

これもネットで133と書いてあったのですが

 

左右の油面の高さは同じである方が良いのに

 

きまってますので油面チェックはしましょうねw

 

 

 

 

 

Sp6151009_2

 

その間に、ホィールのペイントと補修した

 

フェンダーのペイント

 

Sp6151010

 

 

ディスクもベトベトで汚かったので磨いて・・・

 

後は取り外しと逆にフロントフォークを

 

取り付けていくだけですが、取り付けた後に

 

フォークの上蓋の締め付けを忘れずに・・・

 

 

タイヤの取り付けには一人では難しいです

 

イライラしながら30分は掛かるかもねw

結局、ペンキやら何やら全部入れたら

7万円程かかった(^^ゞ

でも息子のバイクだからほぼ回収

できないでしょう('_')

好きじゃなかったら出来ないです

まぁ楽しかったから良いけど(^_^)v

というより修理に掛かった2か月程の

ぼくの休みを返して!!

 

 

|

« 白山へ・・・ | トップページ | バイクの調子を見る為に・・・ »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144152/65443158

この記事へのトラックバック一覧です: XJR400R:

« 白山へ・・・ | トップページ | バイクの調子を見る為に・・・ »