« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014/01/30

【新型万能細胞】

小保方晴子(30)さん凄い。

しかも30歳(・へ・)

 

掲載記事より

「誰も信じてくれなかったことが何よりも大変だった」。

小保方さんは、STAP細胞の開発成功までの道のり

をこう振り返った。

弱酸性の溶液に浸すだけのごく簡単な手法で万能細

胞が作れるという研究成果は、極めて常識破りで革

新的な報告だった。それ故に、昨年春、世界的に権

威ある英科学誌ネイチャーに投稿した際は、「過去何

百年の生物細胞学の歴史を愚弄(ぐろう)している」と

酷評され、掲載を却下された。

誰にでも訪れる試練。

殆どの人は諦めるでしょう。

結果が出ない辛さや苛立ちを感じずにはいられません。

でも、他にも同じように今は結果が出なくても頑張って

要る人が世の中には沢山いるんだと分かった。

俺もやんなきゃって気持ちが沸々と沸いてきたよ(>_<)

頑張んなきゃ(>_<)

最近、嫌な事があったから立ち止まってたけど

恥ずかしいや(>_<)

「「何度もやめようと思ったけれど、あと1日だけ頑張ろうと続けてきた」」

この言葉にはかなり影響された。

何かあったら、これ思い出そう・・・

最後の一日と思える日までやるべきだな・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014/01/26

ラジオから流れてき  [USAGI] イマジン

東北の地震以降、有線放送からラジオに切り替えた。

その理由は緊急放送が入らないから。

で、まぁ昭和時代の店の様なラジオBGMになってますが

歌も流れる前に一言、これから流す曲は、何々で何々です。

とか、入るとちょっと聞いてしまう時があります。

それでもあんまり俺の心に浸透する曲ってあまりないけど

今回のラジオから流れてきた曲は良かったので

[USAGI] イマジン

作曲︰杉山勝彦
作詞︰杉山勝彦

歌詞

「子供たちに夢を」
その言葉は大人たちの身勝手だろう?
誰もが皆 きっと 言葉ではなく 背中見て育った
大人たちが本気で
夢を描いて生きるのなら 言わずもがな
夢はリレーして行けるはずなのにね

経済が発展して物は溢れ
それイコール幸せでないことを知って
今どんな夢を描けば良いんだろう?
わからないから もう一度瞳を閉じて

子供たちに贈りたい
優しい未来を目蓋の裏に映そう
この街を大きなスクリーンにして
鮮やかなイメージを描けたら
明日ならもうここにあるよ

「将来何になる?」
幾度となく書かされたよ
『何になるか』 それを訊く前に
『何をしたいか』 そう問うべきだろう
例えば『医者になる』 それはひとつの手段なんだ
『困る人を助けたい』と言えたら
迷うことなどない

涙を禁じ得ないくらいに
成し遂げたい何かが胸にあるのなら
「この指止まれ」そう声を出そう
隣にいる仲間に心を開こう

誰もが皆 独りで
遥かな夢を描く時代は終わった
それぞれの彩り重ね合わせて
鮮やかなイメージを描けたら
明日ならもうここにあるよ

100年に一度の 暗闇が今 僕等を包み込む
だけど怖くはない 暗闇の中 いつしか人は
夢という名の イメージを映しはじめるから

子供たちに贈りたい
優しい未来を目蓋の裏に映そう
この街を大きなスクリーンにして
鮮やかなイメージを描けたら
明日ならもうここにあるよ

「子供たちに夢を」
その言葉がいらないほど
心のまま生きて行けるように
いつかこの街がそうあるように

| | コメント (97) | トラックバック (0)

2014/01/17

一宮タワーパークマラソン

今年から美容学校の通信科に行かなければならなかったので

お店を月曜日と火曜日の週休二日にしてしまった。

また、お客さんには迷惑を掛けてしまうが・・・

その産物というか今まで月曜日は祭日だと仕事していたが

今年からは休みだったので初めてのマラソンに挑戦してみた。

10kmなんだけどオイラには初マラソン。

まぁマラソンと言えるだけの距離かは疑問だけどオイラには

立派なマラソンでした。

Sp1130899

沢山の人(゜o゜)

否が応でも気分は上がります。

結果から・・・

Sdsc_0084

目標のタイムより早かったので良しとしたい所ですが

あまりにもマラソンを知らなさ過ぎた(>_<)

一つ目の失敗はアップをし過ぎた事。

300mのグランドを12周してしまった(゜レ゜)

あまりの寒さに体が温まらなかったのと山登りで登り始め

20分位からいつも調子が出るのでそれくらいのアップが

必要と思った事。

でも、走ってる最中に失敗だと思った。

次に、スタート地点での並び順だけどタイム順に並ぶ様に

なっていたのでその指示通りにというか初マラソンなので

遠慮して並んでしまった事。

お陰で、人が多過ぎてスタートからまともに走る事も出来ずに

蛇行しながら前に進む有様。

オイラよりタイムの遅い人間が前に居過ぎだよ(`´)

前に出る事が出来ぬどころか遅い人に道を遮られて(>_<)

そして三っ目は時計を外してしまった事。

40分のペースメーカーがいると聞いていたので時計は

要らないかと安易に思ってしまったが、結局、ペースメー

カーを見る事は無かった(>_<)

そんな、こんなで結果的には散々でしたが、ジムの仲間の

助けもあり楽しい一日となりました。

S1389693579441

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/07

美容学校の宿題

美容学校の通信科の宿題をやらなくてはならなかったけど

これだけ天気が良くてはとフラフラしてしまった。

初め、家から見た雪の掛った伊吹山を見たらそちらの方に

流れて行き、そこを通ったら木之本を過ぎ、柳ヶ瀬隧道を通り

敦賀に。

敦賀に入ると干物が買いたくなり魚市場へ行く。

Sp1070893_2

駐車場には雪が沢山あった。

いつものように干物屋に行くと、また叔父さんではなく

御袋さんがいた、まぁ娘よりは愛想がいいか。

叔父さんだと沢山食え食え言ってくれるんだけど・・・

元気なのかな??

Sdsc_0077

15種盛りのどんぶりをお昼にして帰路に・・・

Sp1070894

と、思ったが

折角、近くを通ったので気比神社で二度目の初詣。

Sp1070895

帰り道、また伊吹山のふもとを通るとスノーシューの袋を

ぶら下げた登山女性が歩いていた。

なんか女性がこんな雪山に登るのを見て、ちょこっと

冬山にも興味が持てた。

危ないと思って止めてたけど女性でも出来るのにオイラが

行かないのは違う気がしたから。

さて、翌週はマラソンだ・・・

がんばろっと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/02

あけましておめでとうございます

2014hiro1

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »