« 伊吹山 | トップページ | ポケバイ »

2013/11/21

御在所岳

登山を始めて一年が経ちました。

思えば、去年のバイクで出掛けた新穂高ロープーウェイが始まり。

ちょっとブログを読んでみると西穂高へ続く登山道の写真の

コメントに吸い込まれそうと書いてあった。

なるほど、この時点で吸い込まれていた訳。

さておき、去年初めて登った御在所のデータを見ようと思ったら

なんと、今年登るのが去年と同じ日だった。

それだけで感慨深げ・・・

他に趣味があるとはいえ、あれからどれだけの山に登ったか・・・

今回は前回、御嶽山を一緒したジムの仲間の一人と二人で御在所。

前回と違い、高速を飛ばせば近いので6時半に集合して

ほぼ予定通りに出発した。

途中で御在所SAに寄って弁当を買って早速、登山口のある

鈴鹿スカイライン、中登山道入り口にある駐車場へ。

S20131112_2

何故か雨でレインウェアーを着込んだりして出発出来たのが

9時過ぎ(>_<)

ん~~

S20131112_3

9時10分中登山道口より出発

去年より行方不明の登山者の写真が飾ってありました。

御在所というとロープーウェイがあり結構簡単な登山を

想像される人がいますが鈴鹿山脈の主峰と言われるほど

鈴鹿山脈の中では登山らしい登山をさせてくれる山です。

しかも、最悪、ロープーウェイという逃げ道すらあるし(*^。^*)

ともあれ、材木を管理する山師などの道が無数にあるので

特に、滋賀県側へ道を入る場合は注意です。

一度迷うとGPSがないと戻れない可能性が高いです。

などなどと同伴者を脅しながら登山スタート。

登山に慣れなしの教訓を元に・・・

S20131112_4

こんな感じで花崗岩で出来た山なので道はシッカリしてる分

雨が降れば川となるので足元はシッカリした物が良いですね(・へ・)

S20131112_8

20分も登ればロープーウェイ直下です。

あついのでここで薄着に着替えます。

S20131112_13

しばらくのぼると  おばれ岩

更にちょっと登ると

S20131112_21

地蔵岩です。

どちらも花崗岩の風化により出来た物でしょうから後、数十年も

すると形が変わっていくのでしょうね・・・

S20131112_17

5合目。

いやだ~後半分で終わる~~~

短すぎ(・へ・)

そして中道一番の難所の鎖場

S20131112_23

ホントに登山らしい登山をさせてくれる山です。

S20131112_25

立派な階段?梯子??

何にしても美しいです(^。^)

そしていつものルックアウトポイントへ・・・

S20131112_31

この頃から初雪です(>_<)

でも、からだは暖かいのでシャツ一枚ですぅ(*^。^*)

無理してないよ

S20131112_37

ここがほぼ山頂部で後はアスファルトの上を歩いてロープーウェイ

階段へ・・・

でも、一等三角点まで長い距離だけど・・・

S20131112_46

途中にあった元年に戻れるトンネルです。

でもね、今の自分に何の不満も無いからこのまま歳を経て

行こうと思います。

元年からもあまりにも多くの経験をしすぎたのね、だから

もう一度、あれから同じ事をやらせられたらオイラ同じ道を

辿れないかも。

などと考えている間に山頂

S20131112_48

もう寒くてアウター着ました(^。^)

(祝)登山歴一年

へへ、色々ありましたが、先程のトンネルではないけど

登山元年ですぅ・・・(●^o^●)

S20131112_53

さすが氷点下3℃

雪も解ける事無く気にまとわりついてます。

ある意味、樹氷です(・へ・)

S20131112_59

ホントはココから国見岳にも行きたかったけどガスが多くて

ロケーションも悪いだろうから諦めて裏登山道から帰路へ・・・

S20131112_60

ガスってます(゜o゜)

S20131112_62

藤内壁出合です。

あちら側には行かない様に気を付けないと吸い込まれそうで・・・

やばいやばい(>_<)

S20131112_63

ウサギの耳の鎖場ですが、危なくないです。

でも登山に慣れなしですね。

S20131112_68

藤内小屋です。

本日もお休みってか、平日は営業してないんだっけかな??

S20131112_70

小屋の横を流れる川の中

魚こそいなかったけどさすが花崗岩の浄化作用??

水が透き通ってます。

このまま、鈴鹿スカイラインに出て、駐車場まで道路を戻り

アクアイグニスでお風呂を入り

そのまま、高速でジャズドリームへ行き買い物(^。^)

そのまま、ジムの仲間と合流して焼き肉に行って本日の

登山は終了しました。

今回の登山について

人間の体は素直です。だんだんと山に順応してきてます。

一年前登った御在所はとてもつらく、これが登山なのかと

ちょっと萎縮したが今回は頂上に近づくにつれて

ああ、もう頂上だ、終わっちゃうなどと考える自分がいた。

心も、体も山に馴染んできたのでしょう。

まぁこれに甘んじて横着しない登山を心がけたいと思います。

どんな山でもホントに良さがある。

天気が悪くとも良くとも人間の感情のそれと似ている。

だから何も言わない動物を、自然を自分の都合の良いように

理解しようと努力出来る。

まぁ人間相手だと言葉を交わし合うから誤解も生まれるが

結局、一人では生きていないと自覚出来れば少なくとも

ゴメンという言葉が自然に出てくるようになるのでは。

登山も自然もいつもオイラにそんな事を教えてくれます。

だから好きなんでしょうね・・・

さて、次は何処に行こうかな(^。^)

 

|

« 伊吹山 | トップページ | ポケバイ »

登山 キャンプ」カテゴリの記事

コメント

なりてんて~い(>_<)

アイスクライミングはオイラには無理っす(゜o゜)
いつもブログ見てますけど山に対する情熱を感じます。
これからもご教授お願いします。
また、通常の登山でご一緒出来れば誘って下さい。
お願いしますぅ・・・(@^^)/~~~

投稿: HERO | 2013/11/27 14:04

御在所にも雪がはじまりましたネ
私はよく藤内沢へアイスに出かけます
雪がつくとワクワクしますね~~
これからもどんどん山に触れてくださいネ

投稿: なり | 2013/11/22 17:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144152/58617092

この記事へのトラックバック一覧です: 御在所岳:

« 伊吹山 | トップページ | ポケバイ »