« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013/11/29

ポケバイ

息子ちゃんが秋口にポケバイを買った。

Simg_4699

段ボールに梱包されてきました。

Simg_4700

見た感じは正直、カッコいいですが・・・

一筋縄ではいかないとわかっている中国製です(・へ・)

ていうか案の定初期不良発見です(`´)

Simg_4701

このタイヤでは走るのが怖いです(゜o゜)

早速、写真を写して初期不良のメールをしたらタイヤが

送られてきたのですが、交換は簡単ではないのです。

しかもチューブなので穴まで空いちゃってチューブまで修理を

する羽目になりました(>_<)

Spb080677

堅いゴムで力ずくではめて空気を入れたらシュ~って音が(>_<)

Spb080679

で、二か所のチューブの修理です。

早速、混合ガソリンを注入してリコイルスターターを引っ張るも

プスンともいいません。

点火プラグをNGKにしてヘッドに無理やりガソリン垂らして

スターターを引っ張るも無反応。

20回も引っ張ればグロッキーでダウン。

なんだかなぁ・・・

まず、電気系統を調べるべく点火プラグの火花チェック。

これは火花が付くのでおk、ついでにキルスイッチのリレーも

検査したけどバッチリ。

Simg_4703

アクセルのグリップの具合が悪く、スロットルが戻らないので

取り敢えずグリスアップしてけど軽やかに戻らず(゜o゜)

グリップがスムーズに動かないので調整とアクセルワイヤ

にもCRCを垂らして雨が降っても錆びない様にしておいた。

そしたら納得のいくスムーズなグリップ動作になった(^。^)

それから仕方ないけどキャブ外すことにした(*_*)

Simg_4706

タイヤごと外さないとキャブは外せないので面倒ですが・・・

Spb080674

ばらしてチェックしたけど悪い所は見当たらない(゜o゜)

一応、エアーを吹いて細部までゴミチェック

一番問題なのは一度も動いているエンジンを見た事がないから

故障原因の特定が難しい。

調子が悪いのではなくて治せばとか調整すれば掛るエンジンの

状態かどうかも分からない事が問題なのです。

そう、こんな事言ってるってのは

未だエンジンが掛らない~~

まぁまた暇な時にだわ・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013/11/21

御在所岳

登山を始めて一年が経ちました。

思えば、去年のバイクで出掛けた新穂高ロープーウェイが始まり。

ちょっとブログを読んでみると西穂高へ続く登山道の写真の

コメントに吸い込まれそうと書いてあった。

なるほど、この時点で吸い込まれていた訳。

さておき、去年初めて登った御在所のデータを見ようと思ったら

なんと、今年登るのが去年と同じ日だった。

それだけで感慨深げ・・・

他に趣味があるとはいえ、あれからどれだけの山に登ったか・・・

今回は前回、御嶽山を一緒したジムの仲間の一人と二人で御在所。

前回と違い、高速を飛ばせば近いので6時半に集合して

ほぼ予定通りに出発した。

途中で御在所SAに寄って弁当を買って早速、登山口のある

鈴鹿スカイライン、中登山道入り口にある駐車場へ。

S20131112_2

何故か雨でレインウェアーを着込んだりして出発出来たのが

9時過ぎ(>_<)

ん~~

S20131112_3

9時10分中登山道口より出発

去年より行方不明の登山者の写真が飾ってありました。

御在所というとロープーウェイがあり結構簡単な登山を

想像される人がいますが鈴鹿山脈の主峰と言われるほど

鈴鹿山脈の中では登山らしい登山をさせてくれる山です。

しかも、最悪、ロープーウェイという逃げ道すらあるし(*^。^*)

ともあれ、材木を管理する山師などの道が無数にあるので

特に、滋賀県側へ道を入る場合は注意です。

一度迷うとGPSがないと戻れない可能性が高いです。

などなどと同伴者を脅しながら登山スタート。

登山に慣れなしの教訓を元に・・・

S20131112_4

こんな感じで花崗岩で出来た山なので道はシッカリしてる分

雨が降れば川となるので足元はシッカリした物が良いですね(・へ・)

S20131112_8

20分も登ればロープーウェイ直下です。

あついのでここで薄着に着替えます。

S20131112_13

しばらくのぼると  おばれ岩

更にちょっと登ると

S20131112_21

地蔵岩です。

どちらも花崗岩の風化により出来た物でしょうから後、数十年も

すると形が変わっていくのでしょうね・・・

S20131112_17

5合目。

いやだ~後半分で終わる~~~

短すぎ(・へ・)

そして中道一番の難所の鎖場

S20131112_23

ホントに登山らしい登山をさせてくれる山です。

S20131112_25

立派な階段?梯子??

何にしても美しいです(^。^)

そしていつものルックアウトポイントへ・・・

S20131112_31

この頃から初雪です(>_<)

でも、からだは暖かいのでシャツ一枚ですぅ(*^。^*)

無理してないよ

S20131112_37

ここがほぼ山頂部で後はアスファルトの上を歩いてロープーウェイ

階段へ・・・

でも、一等三角点まで長い距離だけど・・・

S20131112_46

途中にあった元年に戻れるトンネルです。

でもね、今の自分に何の不満も無いからこのまま歳を経て

行こうと思います。

元年からもあまりにも多くの経験をしすぎたのね、だから

もう一度、あれから同じ事をやらせられたらオイラ同じ道を

辿れないかも。

などと考えている間に山頂

S20131112_48

もう寒くてアウター着ました(^。^)

(祝)登山歴一年

へへ、色々ありましたが、先程のトンネルではないけど

登山元年ですぅ・・・(●^o^●)

S20131112_53

さすが氷点下3℃

雪も解ける事無く気にまとわりついてます。

ある意味、樹氷です(・へ・)

S20131112_59

ホントはココから国見岳にも行きたかったけどガスが多くて

ロケーションも悪いだろうから諦めて裏登山道から帰路へ・・・

S20131112_60

ガスってます(゜o゜)

S20131112_62

藤内壁出合です。

あちら側には行かない様に気を付けないと吸い込まれそうで・・・

やばいやばい(>_<)

S20131112_63

ウサギの耳の鎖場ですが、危なくないです。

でも登山に慣れなしですね。

S20131112_68

藤内小屋です。

本日もお休みってか、平日は営業してないんだっけかな??

S20131112_70

小屋の横を流れる川の中

魚こそいなかったけどさすが花崗岩の浄化作用??

水が透き通ってます。

このまま、鈴鹿スカイラインに出て、駐車場まで道路を戻り

アクアイグニスでお風呂を入り

そのまま、高速でジャズドリームへ行き買い物(^。^)

そのまま、ジムの仲間と合流して焼き肉に行って本日の

登山は終了しました。

今回の登山について

人間の体は素直です。だんだんと山に順応してきてます。

一年前登った御在所はとてもつらく、これが登山なのかと

ちょっと萎縮したが今回は頂上に近づくにつれて

ああ、もう頂上だ、終わっちゃうなどと考える自分がいた。

心も、体も山に馴染んできたのでしょう。

まぁこれに甘んじて横着しない登山を心がけたいと思います。

どんな山でもホントに良さがある。

天気が悪くとも良くとも人間の感情のそれと似ている。

だから何も言わない動物を、自然を自分の都合の良いように

理解しようと努力出来る。

まぁ人間相手だと言葉を交わし合うから誤解も生まれるが

結局、一人では生きていないと自覚出来れば少なくとも

ゴメンという言葉が自然に出てくるようになるのでは。

登山も自然もいつもオイラにそんな事を教えてくれます。

だから好きなんでしょうね・・・

さて、次は何処に行こうかな(^。^)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/11/09

伊吹山

朝はいつもの様に時間通り前に目覚ましを使う事無く起床。

我ながらパーフェクトで、今まで一度も目覚ましで助かる事はない(^<^)

何故か時間の前になると目が覚めるので体内時計がしっかりしてるのかな?

たまに、こんな事もしてみる。

夜中に目が覚めると、何時かを想像して時計を見ると30分とずれる事は無いヽ(^。^)ノ

そんな事はどうでもいいけど、山頂で暖かいお茶が飲みたいので

早速、お湯を沸かしてお茶を水筒に入れ、後は着替えを準備して出発。

途中のコンビニで朝のコーヒーを飲んで関ヶ原の伊吹山ドライブウェイを

通りすぎ、登山口のある伊吹山スキー場を目指す。

この辺りは渓流釣りで何十回も来た事あるので勝手知ったるです。

S2013115ibukiyama_1

早速、登山の準備です。

車の中には必要なものが閉じ込めてあるので本日必要な

物だけを詰め込みます(^^ゞ

今回の重量は11kgにして余計なものは持ってかない。

気温は6度なのでちょっとアウターが着こめる分、重量も

軽くはなりますね(^<^)

そうこうしてる間に駐車場のおばさんがお金を取りに来た。

500円。

登山口の横にある神社の横だし広いので利便性が良いです。

S2013115ibukiyama_4

100名山なんですね)^o^(

最初は暗い林道の様な道を登っていきます。

緩やかな道で始まるので、登山開始時のハァハァが少ないかな?

荷物も少ないせいか結構楽に足が運びます。

まぁ、普段の日でもジムでクライマーってのに乗っかって

足は使ってるので登りは強いけどね・・・

S2013115ibukiyama_8

1合目。

完全にスキー場です。

S2013115ibukiyama_9

なんだかなぁ~ですが、ススキ野原を歩く訳です。

成程、皆さんが夏に歩く山じゃないと言われる所以ですね。

確かに木が無いので日陰はありません。

しかも、粘土層の土が嫌な程度に滑ります(`´)

雨の日は登りたくないです。

赤土でウェアが真っ黒になるかも、特に雨上がりは止めよ~~

とか考えるうちに

S2013115ibukiyama_25

3合目です。

スキー場的にはココで終わりの様です。

で、後ろにそびえ立ってる山が本日のオイラのお食事場所です(>_<)

さ、関係ないけど)^o^(オイラが一番登山者ですので先を急ぎます。

それにしても木が無い(^^ゞ

S2013115ibukiyama_32

丁度、中腹くらいにある避難小屋まで来ました(゜レ゜)

S2013115ibukiyama_34

中も綺麗です。

一度、春先に泊まってみるかな??

ここら、辺りからやっと登山って感じですが、それでも

手を使わないとダメな個所はまだありません。

S2013115ibukiyama_42

8合目からは少し手を使う所もあるけど、無理して手を使わずに

登る事も出来る程度です。

ココまでくると山頂部もちょっとハッキリしてますけどヽ(^。^)ノ

S2013115ibukiyama_51

山頂部の周遊の分岐に到着。

あの山小屋の傍が山頂です。

車で何度か来てるので知ってるだけですけど・・・なにか?

S2013115ibukiyama_53

はは、ホントに真横じゃん。

あいまいな記憶の中、ここまで近かったかとビックリ。

S2013115ibukiyama_58

取り敢えず記念写真ですが山頂標がでかすぎ~~

オイラが小さいのか??

時間も早いし折角のなので山頂部を周遊します。

伊吹山Ⅱへ続きます・・・

| | コメント (421) | トラックバック (0)

2013/11/08

伊吹山Ⅱ

伊吹山山頂よりパノラマです。

Simg_20131105_094543617

はは、10時前なんだけどご飯にします。

天気も良いので暖かいですがPM2.5が大気を汚しているのか

霞んでます。

S2013115ibukiyama_50

ホントなら琵琶湖が見えるはずですが見えません(゜レ゜)

ぐるっと回って下りて行くと

S2013115ibukiyama_76

ドライブウェイの駐車場に来ました。

トイレを拝借して(@^^)/~~~

S2013115ibukiyama_77

この整備された道を辿りまた山頂へ向かいます。

S2013115ibukiyama_86

オイラはこの分岐で一周したので、これにて下山。

丁度11時、下山開始・・・

S2013115ibukiyama_92

さすが百名山、平日なのに帰りには凄い人。

下りはストック2本を使い小走りで下ってみた。

40分で3合目、更に40分で登山口。

感想ですが、全体的に緩やかで登山のしやすい山です。

緩い登り始めからスキー場の傾斜を緩やかに登り

体が温まった頃に避難小屋辺りから徐々に角度がきつく

なるので、思ったより楽に山頂まで行け、お陰で山頂部を

周遊しようかと思う事が出来るほど余力が残せる。

まー真夏は避けた方が良いのは確か。

全く日陰なども無いので熱中症に絶対なりますね。

さて、来週は御在所に登ってきます。

過去のデータを見て見たら初めて登山を始めた日が来週の

火曜日ですので丁度、登山歴一年になります。

しかも、バージンマウンテンの御在所ですからね。

知り合いから頼まれて一緒に登るのですが、この偶然に

思わず笑顔になりました(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/06

明治村

歳を経ると変わってくる事が沢山あります。

その一つがテレビじゃ(^^ゞ

ニュースなんて全く見なかったのにニュースが大好きになり

NHKの連続テレビ小説なんて全く見なかったのに、今では

ジムから帰ってきてお酒を飲みながら朝の連続テレビ小説を

見るのが日課です。

で、今やってる連続テレビ小説が「ごちぞうさん」

毎日見てます(^^ゞ

で、たまに出てくる風景に明治村を発見。

それを見たら、急に行きたくなって雨が降る中行ってきました。

Simg_20131029_065408509

のシーンに

Spa290598

オイラが入ってます(^^ゞ

本職、理容店の写真を写していたら

Spa290590

帰ってきたその日のシーンに

Simg_20131031_230404134

と、カッコ良く、歳と共にと書きつつ

ミーハーな中身は本来のもののようです。

一日掛けて明治村を堪能した雨のオイラの休日でした。

まだね、博物館とか行きたい所だらけで・・・

雨の日はそんな事をして休日を過ごしています。

雨の日の月曜日はメンズデーで安いので映画とか

火曜日に雨が降ってやる事無い時は間違いなくホームセンターで

用もないのにウロウロしてます。

何処に何が置いてあるのか知るためです^^

さて、次の雨は何処にまいろう・・・(>_<)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/11/03

美容学校に入学

Sspa220571

美容学校の通信科に入学しました。

これから三年掛けて勉強して国家試験が受かれば美容師です(>_<)

講師が一人と理容通信科の担任は、同級生でした。

何だか・・・

もう一人、仲の良かった同級生がいて25年振りに話した。

何でも奥さんが理容師免許を取るために通信科に入学したって

う~ん

しかも、オイラが一番年上だと思っていたのに更に上の方がいた。

少し、安堵(^^ゞ

しかも、同業者の理容師免許を持った生徒さんもオイラを入れて

5人もいた。

オイラはともかく、なぜ今更美容師の免許を取得するのでしょう??

それから一般でこの仕事に従事していない生徒さんも7名程います。

なんだか面白い事になってきました。

これから、クラスメイトとして接して、美容師から見た理容師とは?

一般の人から見た美容師、理容師とは?

理容師なのになぜ美容師の免許を?

とかの疑問を聞いていきたいな。

と、いいつつ、実際に学校が始まるのって来年の4月なんですけど

大丈夫でしょうかね・・・

がんばるしかないけど( 一一)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »