« 御嶽山 | トップページ | 奥穂高Ⅴ »

2013/10/14

奥穂高最終章

はは、二日分の出来事を書きとめるのに二日以上掛っちゃった。

まぁそれだけ不安が多くあって、完結した喜びもあったって事です。

S2013108hodaka_386_2

さて、いよいよ岳沢と奥穂高の分岐

これをよじ登れば前穂高山頂です。

が、正直、残りの距離もだけど道中で行きかう人に言われた

その荷物を担いで、この先の重太郎新道を通るのですかって

言葉がずっとオイラの頭の中で過ぎっていました(*_*)

そんなに大変なのかなぁと・・・(*_*)

そう考えるとさっき話していた女子の様に前穂はパスした

方がいいのではとか色々考えていた。

でも、人生の今までの経験から行って良かったって事の

方が多い事も知っているし30分程、真剣に考えた。

で、結局は荷物をデポして登る事にした。

丁度、さっき話していた女子が追いついてきて

やっぱり登るんですか?って

彼女にさよならして前穂高山頂に向かった。

さすがに荷物の無い状態だから体が軽くて急登なのに

意外にすんなり山頂へ・・・

S2013108hodaka_363_3

いあやぁ~~

やっぱり登って良かった(*^^)v

記念撮影そこそこにロケーションを楽しんで下山。

途中、県警のヘリが人を探してる?遭難かな??

S2013108hodaka_368

丁度、前回登った御嶽山に去年バスで行った乗鞍に大正池

をヘリが通ったので一枚(*^^)v

後日、救助されたと新聞で読んだが死亡では無かった感じ。

さて、先程の分岐に戻ると直ぐに直下に下り始めて・・・

S2013108hodaka_388_3

この写真に写る女性と途中からおしゃべりしながら下山。

初心者のオイラとは違ってかなりのレベルのベテランだった。

この女性のブログ

今、読ませて貰ってる最中だけどオイラにはロッククライミング

だけは無理ですね(^^ゞ

しかも、同業者ってんだから・・・ww\(◎o◎)/!

いつか一緒にいけるかも??

S2013108hodaka_401_2

これを降りた頃に、一つの疑問が??

え、いつ重太郎新道のみんなが心配してくれた道が現れる?

かと思い、この女性に聞いてみると、多分あれの事かな?

とか思いだしてくれて、もう過ぎましたよって(゜レ゜)

え~心配して損した(^◇^)

前穂高に登って良かった~~と改めて・・・

S2013108hodaka_400

下に岳沢が見えてきた(^u^)

もうすぐかなぁと思っても中々近づかないのが常

ひたすら歩く

歩いていれば確実に届く

S2013108hodaka_404

岳沢きた~~~

でも、休む間もなくオイラは下る。

一緒に下山してくれた女性も仲間と合流してさよならした(@^^)/~~~

あとは永遠に下るだけだったが小鹿の様に降りて行ったら

バテバテになりヘロヘロになり後日、爪が2本いかれた(+o+)

それでも3時には河童橋に戻ってきた。

カメラマンに撮って貰った一枚

S2013108hodaka_414

登山を始めて一年以内に、奥穂高まで登れて満足。

今年の最終目標だった鈴鹿山脈の縦走は多分来年の春かな。

なんでかって~と、

登山もキャンプも自転車旅行も、みんな一緒のものだと思って

いたけど違った。

バーナー一つでもオイラの使っていた物は350gもあった

も、あったなんて考え方してなかったけど現実は全部重さ。

それだけの余力があるなら水なりウェアーなり他に持っていける

物が沢山あるし、そうしなければならないと感じたから。

体力的には申し分ないと思うけど山小屋のない鈴鹿山脈の

縦走とかになると、もう少し、準備する事が単独のオイラの

登山が人に迷惑掛けない登山と考えたから。

それから、今のとは関係ないけど

これだけの登山者や山荘など、人の息遣いを傍で感じると

本当の意味で人の大切さは分からない気がする。

少なくとも、養老山脈縦走の夜は人の息吹を感じない

自然の中の自然でオーストラリアを自転車で旅した時を

思い出せた。

今もこれからも、あの気持ちを思い出させてくれる旅の

スタイルがオイラにとっては一番大事なんだよね。

孤独が人の大切さを教えてくれて、一人で生きているんじゃ

ないと思わせてくれて、最近の自分の反省する時間に

なるんだよね・・・

さて、上高地に戻るとお土産屋さんで東京のデザイナーの

女性に会った。

挨拶だけしてさよならしてお土産を買って帰路に。

帰りはバスだと思っていたら、タクシーでも色々な駐車場

までピストンしていて貸し切り4000円だったので適当に

人に声掛けてシェアしたら5人になっちゃってややこしいなぁ

と思っていたら5人まで乗れるって。

しかも、一人800円になっつんた(#^.^#)

無事、車に戻り、次の予定の平湯温泉、ひらゆの森に・・・

S2013108hodaka_419

外人さん、いっぱ~い(^_-)-☆

ここ、ほんとにいい湯だわ・・・

そして、つるや商店の温泉卵で仕上げ。

上手いし、一個50円で5個も食べちゃった(^◇^)

3時間半掛けて自宅に舞い戻り、それから自転車でジムの

仲間と居酒屋で12時まで呑んで長い一日が終わった・・・

|

« 御嶽山 | トップページ | 奥穂高Ⅴ »

登山 キャンプ」カテゴリの記事

コメント

It is appropriate time to make a few plans for the future and it's time to be happy. I have learn this submit and if I may I want to suggest you few interesting issues or advice. Perhaps you could write next articles regarding this article. I want to learn even more things about it!

投稿: idaho botanical gardens | 2014/12/02 20:08

Hmm it seems like your site ate my first comment (it was extremely long) so I guess I'll just sum it up what I submitted and say, I'm thoroughly enjoying your blog. I too am an aspiring blog writer but I'm still new to everything. Do you have any tips for rookie blog writers? I'd really appreciate it.

投稿: vacationing in tennessee | 2014/11/30 08:11

Hi my loved one! I wish to say that this article is awesome, great written and come with approximately all important infos. I would like to peer more posts like this .

投稿: karina jelinek | 2014/11/03 08:28

This setting is a security precaution, though the lever have to be manually set to Off when users are finished utilizing the chainsaw.

投稿: craftsman chainsaw parts lookup | 2014/09/23 06:37

へへ、ねーさんかぁ・・・
まだ若いよ~~
でも、ホントに山が好きなんですね。
これからもブログ参考にさせて頂きます。
宜しくお願いしますね・・・

投稿: HERO | 2013/10/26 18:49

こんちわ!前穂の姉さんです(^^)v
奥穂のレポを感慨深くよませていただきました。山に対する思い、いいですね~~
またどこかのお山でコラボしましょう~~
それにしても趣味多いですね(@_@;)
学校もv(≧∇≦)vファイトォ~で!!

投稿: なり | 2013/10/26 10:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144152/58450519

この記事へのトラックバック一覧です: 奥穂高最終章:

« 御嶽山 | トップページ | 奥穂高Ⅴ »