« ボーイング787 | トップページ | 神戸3 »

2013/06/10

神戸の旅を終えて

俺はあの時代からタイムマシンに乗って25年後の

神戸に来ています。

あるはずの物が無くなり、あったものは朽ち果てていたけど

思い出は色焦ることなく心に残り、時に大きく、時に小さく

オイラの心に花を咲かせます。

きっと今年の花は大きくオイラの脚を神戸に運ばせたのでしょう。

いつも前向きではいられません、時には振り返る事もします

でも後戻り出来ないから前に進むのです。

と、25年前の自分に教えてあげたい所ですが25年前の自分に

そう言い聞かせても理解出来ないでしょう。

25年の小さな歴史が自分を作り今、後悔していない

自分がある事も25年前の自分には教えられません。

そんな事を教えたらもっとハチャメチャな事をするからです。

ここに来たら思い出を自分という人間がどう処理するのだろうと

考えていましたが、結局、過ぎ去った過去と処理してる自分が

ありました。

15年振りにお世話になった懐かしい人に素っ気なくされて

なんでだろう?って考えたけど、ここで生きてきた人にとって

オイラはあくまでもここを去った人間であり、ここで生活した

記憶を最後に止まってしまったオイラの心の中とはかなりの

温度差があるのは当然だと痛感した。

彼らはオイラなしで15年生活した。

オイラも同じ事。

所詮、ただの人。

親となって小さな家庭の歯車ではあっても世の中を動かす

歯車にはなれず。

この先、どんな生き方になっても驕るまいと考えた。

ただ、今が一番幸せだとは言える。

これも永遠には続かない、それも分かるので出来るだけ

続くようにこれからも努力はしなければならないと思った。

次にいつ神戸に行くのかは分からない(*^_^*)

けど楽しい過去の旅だった・・・

|

« ボーイング787 | トップページ | 神戸3 »

床屋の独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144152/57580951

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸の旅を終えて:

« ボーイング787 | トップページ | 神戸3 »