« 車検 | トップページ | 藤原岳 »

2012/12/19

自民党

選挙終了後の出口調査でいきなり自公300議席と出たのには

正直驚いた。

まぁネット上の世論調査で自民党が圧勝とはなっていたので

頭の中の方向性は出来ていたけど。

この結果をどうみるか。

国民感情論の中に選挙に行かなければ非国民的なものがあり

民主党は消費税の増税の公約違反、日本維新は原発継続方向

日本未来も方向性がハッキリしない、仕方ないから自民党という

比例票の感じ。

ただ、自民党が連立公明党を前にマニフェストに原発推進、

TPPは産業界の圧力から仕方ないが憲法九条の改定を加えた

意味は判らない。

これを前提にしなくても結果は同じだったに、なぜマニフェストに

加えたのか?

九条の改定が出来なければマニフェスト違反なのに。

最近、感じてる解釈と言う言葉を少々。

日本の憲法は実に良く出来てる。

終戦後、マッカーサ率いるGHQ草案が元になり出来てるのが

日本国憲法。

ただ、英語で草案され、それを日本語に解釈され双方、相違

ないかを確認し出来たものである。

故に出来上がった憲法は日本の解釈憲法という訳なんです。

簡単に説明すると・・・

「憲法第9条第1項の内容である「戦争の放棄」」

戦争に加担しなくていい一番良い理由になります。

一方で、防衛は戦争ではないという観点から防衛という交戦

は出来る。

交戦といっては駄目だけど^^

「憲法第9条第2項前段の内容である「戦力の不保持」」

自衛の為ならアメリカからどれだけでも防衛品という

戦力も買う事が出来る事実上の戦力保持

「憲法第9条第2項後段の内容である「交戦権の否認」」

あくまでも防衛だといいはるなら許容の広さは軍。

つまり、軍を持ちながら一方で自衛隊と言える

実に都合のいい解釈を使える平和憲法だと言う事。

ただ、この都合の良さはイソップ物語のこうもりの様に

最後は爪はじきされる脅威も持ち合わせている。

でも、経済大国第三位の日本をけん制出来る国もないのも事実。

なのになぜ憲法九条の改定なのか?

今、安部さん率いる自民党に言いたいのは

「民意ではない民意」

入れる所がないから入れた票である事を忘れて欲しくない。

まぁ憲法九条改定に当たっては公明党の反対もあるから

衆参3分の2の賛成と国民投票により過半数が理論上

必要になるから実際には無理だと思うが。

何より、マッカーサー率いた草案者の一人が

実は2週間で作ったものだから

日本が戦後60年を経っても、この草案を守るとは

思わなかったと前に新聞で読んだ事がある。

まぁ日本人がコウモリだったとは知らなかったともいえるけど。

デフレ脱却、デフレ脱却と言うけどこれも簡単ではない。

お金を印刷するというインフレを作れば一時的には

デフレを回避は出来るが結局は先送り。

産業の空洞化、つまりは経済成長が先。

円高円高といって海外生産、デフレの構図。

しかも他所の国の経済成長を手助けして利益を得る。

さて、元々の始まりは100円のコストの掛かるものを

200円で売っていたとする。

でも、新興国なら10円で作れる。

円高、円高と言って大義名分の元に海外生産して差額の

190円という利益を得ていた。

が、それに追従する同企業。

当然、販売価格の競争になりとうとう20円で売るしか

なくなってしまった。

これじゃ利益が出ないから、生産拠点を韓国から中国

ミャンマーやベトナムへと移行しているだけ。

これを産業界のTOPの経営陣がやっているわけだから

GDPは下がるのは当たり前。

産業界がTTPを政府に求めるなら生産拠点を国内に戻すべき。

民主党政権の時に消費税率増の前にやる事があるって

言っていたけど、産業界はまずそれをするのが先決。

関税が掛からなくなっても中国製では売れないよ。

前から言うけどやっぱり国内生産でいいもの売らないと。

原発問題も次の事故が起きれば気づくだろうけど遅いよ。

で、毎回だけど経済が低迷してるから尖閣問題でも

なんでも出てくる訳。

中国なんて国が共産だが資本が入って産業界の方が

力が勝ってるから領土問題とかで政府が力を誇示

したいんだろうね。

まぁ日本も経済成長すれば国力も上がるってもんだけど

やっぱり、少子化問題を早急に解決するのが一番だと

思うけど、今の所、その重大性を分る人はいないみたい。

生まれた子供を守るのは国ではなく親の務め

でも子供を作らない大人を育成してしまったのは

国のせいなのだ。

だから、いつもいうけど

「子供が生まれたら祝い金100万円」

ちょっとこじ付けたけどいい政策だと思うんだけどな。

さて、河村市長にでもメールしてみるか・・・

|

« 車検 | トップページ | 藤原岳 »

床屋の独り言」カテゴリの記事

コメント

After looking into a few of the articles on your blog, I seriously appreciate your way of blogging. I saved as a favorite it to my bookmark site list and will be checking back soon. Please check out my web site too and let me know how you feel.

投稿: www.oxenmotion.com | 2014/11/01 02:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144152/56349454

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党:

« 車検 | トップページ | 藤原岳 »