« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012/12/27

雪山

11月から初めた登山だけど

御在所、藤原岳を登り毎週、多度山で毎週足を鍛えてる。

先週、丁度、雪が降ったので雪山気分で多度山へ・・・

Img_4122m

いつもとはちょっと違った風景が楽しめる( ^ω^ )

まぁ雪が深いわけでもないのでいつもと同じペースで山頂へ・・・

Img_4121m

藤原岳方面はちょっと多く降ってそう( ̄Д ̄;;

もうオイラには近付けないわぁ・・・

Img_4112m

下界もうっすらと白。

Img_4118m

山頂公園の白いキャンバスに字を書いてみた。

足で踏みつけて年賀状に使おうと思って作ったのに

出来てみたら駄作。

はぁ・・・一人で何やってるんだろう・・・

さてさて、この雪が溶けた翌週のクリスマス

子供達も冬休みに入ったので下の子二人と三人で

多度山に登ってみた。

さすが子供、スラスラと登ってスラスラと降りていってしまったΣ( ̄ロ ̄lll)

Img_4124m

途中で・・・

さて、来年は何処に登りに連れて行こうかなぁ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

忘年会

今年も通ってるジムの忘年会がありました。

女子が少なくどうかなぁと思ったけど楽しかったです。

Img_4106mmm

でも新年会はもぅちょっと大勢でやってみようかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショウエイ

そういえば忘れていたけど

旅番組でショウエイが家の店の前を通っていった。

Syoueim

後日テレビで放送されたけどチラ見しただけ。

先週も、愛西市をやっていたけど同じコロッケ屋さんが

2週続けて出ていたから今頃さぞ忙しいことでしょう(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/23

藤原岳

ちょっと午前中の天気が不安定なのは前日の天気予報で

分っていたので9時に出発。

家を出た直後は天気が回復。

Img_4069m

でも、これから登る山が見えないのは嫌だな・・・

取り敢えず登山口に向かう。

一応、おにぎりとカップラーメンを買って。

Dsc_0218m

雨も止まず一台も停まっていない

しばらく車の中で待機する事にした。

結局、11時を過ぎても止まずで11時半に帰ろうと思ったけど

直後に雨が止み気を取り直して7合目まで行って1時をメドに

Uターンする事にした。

まぁたまにはピークハントしなくてもね。

で、登り始めるとスルスルと12時過ぎには

Pc040090m

五合目に。

で、時間も早いので歩く練習とかいいつつ

もう少し上に行こうかと進む。

更に、30分で8合目へ

Pc040096m

まだ、決め事の1時前だからともう少し進む事に・・・

八合目を過ぎたら雪が・・・

Pc040101m

ちょっと天気が回復。

やっと開けてきた所でいつも練習してる多度山が見えた

結局、1時を回ってしまったが1時15分に藤原山荘到着。

Pc040102m

流石に車も停まっていなかったけど誰にも遇わなかったので

少々寂しかったりする・・・

Pc040104m

山小屋の中。

もし、吹雪いたら力強い小屋だわぁ・・・

Pc040103m

ピークまで20分なんだけど今日はやめておいた。

いけれるけど一度、手前でやめておく登山も経験しておかないと

こだわって無理する登山をこれからもしてしまいそうだからが

主な理由。

さて、下山。

Pc040109m

誰も会わなくてびびって急いで下りて来た。

Pc040108m

大体の所要時間も掲示されていて天気が良い日なら

快適な登山が出来るでしょうね。

Pc040110m

ちょっと遅くなったけどお昼。

カレーヌードルに、おむすび

結局、登山口から藤原山荘までの往復で3時間10分で

戻って来た事になるけど、もっとゆっくりとした登山がいいね。

で、下りて来たら天気回復。

Img_4075m

さて帰ろう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/19

自民党

選挙終了後の出口調査でいきなり自公300議席と出たのには

正直驚いた。

まぁネット上の世論調査で自民党が圧勝とはなっていたので

頭の中の方向性は出来ていたけど。

この結果をどうみるか。

国民感情論の中に選挙に行かなければ非国民的なものがあり

民主党は消費税の増税の公約違反、日本維新は原発継続方向

日本未来も方向性がハッキリしない、仕方ないから自民党という

比例票の感じ。

ただ、自民党が連立公明党を前にマニフェストに原発推進、

TPPは産業界の圧力から仕方ないが憲法九条の改定を加えた

意味は判らない。

これを前提にしなくても結果は同じだったに、なぜマニフェストに

加えたのか?

九条の改定が出来なければマニフェスト違反なのに。

最近、感じてる解釈と言う言葉を少々。

日本の憲法は実に良く出来てる。

終戦後、マッカーサ率いるGHQ草案が元になり出来てるのが

日本国憲法。

ただ、英語で草案され、それを日本語に解釈され双方、相違

ないかを確認し出来たものである。

故に出来上がった憲法は日本の解釈憲法という訳なんです。

簡単に説明すると・・・

「憲法第9条第1項の内容である「戦争の放棄」」

戦争に加担しなくていい一番良い理由になります。

一方で、防衛は戦争ではないという観点から防衛という交戦

は出来る。

交戦といっては駄目だけど^^

「憲法第9条第2項前段の内容である「戦力の不保持」」

自衛の為ならアメリカからどれだけでも防衛品という

戦力も買う事が出来る事実上の戦力保持

「憲法第9条第2項後段の内容である「交戦権の否認」」

あくまでも防衛だといいはるなら許容の広さは軍。

つまり、軍を持ちながら一方で自衛隊と言える

実に都合のいい解釈を使える平和憲法だと言う事。

ただ、この都合の良さはイソップ物語のこうもりの様に

最後は爪はじきされる脅威も持ち合わせている。

でも、経済大国第三位の日本をけん制出来る国もないのも事実。

なのになぜ憲法九条の改定なのか?

今、安部さん率いる自民党に言いたいのは

「民意ではない民意」

入れる所がないから入れた票である事を忘れて欲しくない。

まぁ憲法九条改定に当たっては公明党の反対もあるから

衆参3分の2の賛成と国民投票により過半数が理論上

必要になるから実際には無理だと思うが。

何より、マッカーサー率いた草案者の一人が

実は2週間で作ったものだから

日本が戦後60年を経っても、この草案を守るとは

思わなかったと前に新聞で読んだ事がある。

まぁ日本人がコウモリだったとは知らなかったともいえるけど。

デフレ脱却、デフレ脱却と言うけどこれも簡単ではない。

お金を印刷するというインフレを作れば一時的には

デフレを回避は出来るが結局は先送り。

産業の空洞化、つまりは経済成長が先。

円高円高といって海外生産、デフレの構図。

しかも他所の国の経済成長を手助けして利益を得る。

さて、元々の始まりは100円のコストの掛かるものを

200円で売っていたとする。

でも、新興国なら10円で作れる。

円高、円高と言って大義名分の元に海外生産して差額の

190円という利益を得ていた。

が、それに追従する同企業。

当然、販売価格の競争になりとうとう20円で売るしか

なくなってしまった。

これじゃ利益が出ないから、生産拠点を韓国から中国

ミャンマーやベトナムへと移行しているだけ。

これを産業界のTOPの経営陣がやっているわけだから

GDPは下がるのは当たり前。

産業界がTTPを政府に求めるなら生産拠点を国内に戻すべき。

民主党政権の時に消費税率増の前にやる事があるって

言っていたけど、産業界はまずそれをするのが先決。

関税が掛からなくなっても中国製では売れないよ。

前から言うけどやっぱり国内生産でいいもの売らないと。

原発問題も次の事故が起きれば気づくだろうけど遅いよ。

で、毎回だけど経済が低迷してるから尖閣問題でも

なんでも出てくる訳。

中国なんて国が共産だが資本が入って産業界の方が

力が勝ってるから領土問題とかで政府が力を誇示

したいんだろうね。

まぁ日本も経済成長すれば国力も上がるってもんだけど

やっぱり、少子化問題を早急に解決するのが一番だと

思うけど、今の所、その重大性を分る人はいないみたい。

生まれた子供を守るのは国ではなく親の務め

でも子供を作らない大人を育成してしまったのは

国のせいなのだ。

だから、いつもいうけど

「子供が生まれたら祝い金100万円」

ちょっとこじ付けたけどいい政策だと思うんだけどな。

さて、河村市長にでもメールしてみるか・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012/12/06

車検

車に続くバイク車検。

ワザと一年ずらして買ったつもりだったのに新車登録の

3年を消化して次の次の車検では同じ年になるという事を

単純に理解出来ていなかった。

俺なりの盲点で反省。

まぁ車検貯金はしてあったのでお金はあったけど

今回に限っては自分でユーザー車検ってのを経験しようと

動いてみた。

まずは・・・

Img_4035m

マフラーの交換

一応、純正から直管になってるので、まさに中年暴走(。・w・。 )

で、必要な書類は車検証、車検年数分掛けてある自賠責保険

加入証明書、自動車税納税証明書、点検整備記録簿。

まぁ点検整備記録簿はネットで同じ用紙を引きずり出して

命に関わることなので関する事は一応自分で検査して

異常なし異常なしにチェックを付けた(o^-^o)

点検整備記録はチェックされないと記載している人もいるけど

俺はチェックを受けたので必要な書類の一つであるね。

今回は継続検査になる為、継続検査申請案の紙切れを

貰って紙に書いてある書類を確認。

で、ユーザー車検のコーナーまであるので継続検査の

書類を貰い、目の前にある、ひな形に沿って書くだけ。

メチャ簡単

もちろん陸運局だから国土交通省の管轄だろうけど

なんか、こんなにも丁寧に優しい扱いをしてくれる

公務員?ばかりの施設を見た事ない気がする。

さて・・・

収入印紙代に5500円と何のお金だったか25円を支払い

自賠責保険14480を払い総額20005円

検査コースの一番と言われ向かう。

バイクは一番のコースでバイク専用だった。

検査の間には休憩が設けられているようで今はその

休憩中。

Pb190047m

で、このラインに沿って入っていく。

Pb190048m

ここでハンマーの検査やウィンカー、ブレーキランプ、

排ガスの検査などが行われる。

ただ、マフラーにカーボンロッドを入れてのカーボンロッドが

どれかなんて分らんかって何度も聞くけどカーボンロッドを

マフラーに入れては参った。

耳が悪い訳じゃないんだから何度同じ事言われてもね・・・

ちなみにカーボンロッドは椅子みたいな机に置いてある

コードの付いた細長い棒の事。

そしてその先に進んでライトのチェックや40kmまでの

車輪、ブレーキのテスト。

で、合格を貰うと隣の建物で車検証を簡単に発行

してくれて終了です。

ふぅ┐(´-`)┌

後はシールを貼り付けて終了。

あんまり簡単すぎて3万円も浮いた事にも感動。

早く終わったので駅前アルプスに行って登山靴をみる事にした。

で、その前に柳橋に行って包丁を研ぐためのキング砥石を買った。

後で帰ってきてネットで見てみるとオイラが買ったものが最安値。

ん~~

ネットの時代も終わりつつあるのかな。

で、アルプスに到着。

色々な靴を履かしてもらって物色。

兎に角、沢山の種類を知りたかったのだけどこれにした。

Img_4037m

SCARPA(スカルパ)

履き心地で選んでみた。

色には不満は残るけど以外に飽きずに良いかも(゚▽゚*)

だって派手な靴だと人に覚えられちゃうからね。

で、バイクにくくり付けて今度は中央卸売り市場へ

ここの一力ってお店で昼食をとる。

一人で入りにくかったらやめようかと思ったけど

そうでもなかったので入店。

刺身定食がなかったので天然ブリのお刺身定食にした。

Dsc_0202m

凄いボリュームで天然ブリ旨し。

が、飯が不味い。

もっと良い米使わないと。

あと漬物の盛り付けが雑(`◇´*)

ナスの煮物は・・・

まぁもっと頑張れ。

でもこれで1050円は安いのか高いのか分らんけど

一人では食べ切れないほどの量でした。

さてさて、青物のゲップをしながら帰路に付く。

が、どうしても靴の履き心地を試したく

一番近くにある多度山へ向かった。

時間は3時だけど登って降りるだけなら

Pb190049m

意外とコースがあるのね。

まぁ今日は一番ショートな健脚コースでいってみましょう。

一歩一歩踏みしめるように履き心地を確かめ

それにより、山歩きの基本を知る事が出来た。

まぁ今までの色々な経験値からの適応能力だろうか。

歩き方も履き心地も完璧。

やばいよ~~

Pb190060m

サクッと頂上を制覇

してサクッと降りてきた。

降りる時も色々な足の運び方をしてみて降り方もほぼ確立。

一言で言えば足の裏全面を使って登っり降りる時は

足が地面に付くまでなるだけ体重を掛けないようにすれば

膝をやられなくてすむ事をなんとなく感じ取った。

まぁこれからがもっと勉強だけど。

家にかえってからも靴を眺めながらうっすら向こうに見える

槍ヶ岳を思い浮かべてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »