« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012/06/26

広島へ・・・

とうとう10年の歳月が流れた。

何の話しかってぇと

10年前にオーストラリアで友達になった広島の女の子が

名古屋に遊びに来て、今度は俺が広島に行くからねと

約束してから10年が経ったって事です。

流石に結婚でもスィート10と言われるだけあるし約束を

果たすべく広島に旅立つ事にした。

ところでオイラは、オーストラリアから帰ってきても旅に出る時は

ザックでって決めてるの。

ザックに荷物を詰める時、決まってオーストラリアに旅立つ日と

オーストラリアを旅立つ日を思い出すからなんだけど(* ̄ー ̄*)

でも問題発生。

二日の旅では荷物が膨らまないのよねε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

だから、ズボンだけでも四着入れてTシャツも5枚。

天気が悪いから濡れるかも、なんて言い訳作って

久し振りに会う友達の事を考えながら荷物を詰め込んだ。

そそ、広島で女性と会うのだけど二人で会うのは問題があるので

お互いの共通のオーストラリアの男友達も誘っておいたのよね。

だから二人に会えるから楽しみなんです。

日曜日の仕事を片付けて名鉄電車に乗り名古屋へ。

さすがにザックを背負ってる奴、いないわ

世間の目から引かれてる感じ( ̄○ ̄;)!

と、臆する事無くJRの駅を潜り抜け長距離バスの発着場へ。

再度、時刻と出発の場所を確認して最近、メッチャ気に入ってる

焼き鳥のお店に向かう。

ヘヘヘ

実は、そこで一杯引っ掛けて、バスで爆睡して起きたら

到着目指す予定で(*'ー'*)ふふっ♪

ささ、歩いて歩いて♪

う・・・

オイラの行きたかったお店の横にあるお店の前の路上の

テーブルで友達が呑んでる??

はははっ

ザックを担いだまま近づいて

「何やっとるの?」

て声を掛けたら

向こうも驚いて

「ヒロユキこそ何やっとんだ? そんなもの背負って」

逆に言われちゃった。

へへ

で、改めてとなりの焼き鳥屋さんで呑む事に

Dsc_0055

一人で寂しく呑むつもりだったのに、ヨシオくんにマモちゃん

キヨノちゃんありがと⊂((〃 ̄ー ̄〃))⊃ ふふふ

一度でも一緒に来た事があるなら解るけど

こんな事もあるんだなぁ・・・

Dsc_0057m

ギリギリまでオイラに付き合ってくれてバスセンターで

大きなお見送りo┤*´Д`*├o アァー

当然ですが見送り皆無の中、幸せ者です。

なんだか、もう帰ってこないようなかんじですが・・・( ´・ω・`)

さて、ともあれ予定通りにお酒にも酔い、寝れそうだし良い走り出し

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2012/06/25

広島2

定刻通りに広島駅に到着した。

久し振りの友達に会うのに顔も洗ってないんじゃカッコ悪いから

トイレで顔を洗って身だしなみを整えて改めて博多から到着してる

だろう友達に電話。

そしてカツとも10数年振りの再会を果たした。

ちょっと太ってたけど前の痩せてる時よりは貫禄がついた感じで◎

最初はホントにギコチなかったけど直に打ち解けるのは

オーストラリアで2ヶ月程暮らしていた証。

19955281mm

真ん中が俺で左が瑞穂ちゃんに右がカツ

さておき

軽めの朝食を広島駅で済ませ

レンタカーを借りて早速、宮島へ向かった。

広島駅からおおよそ30分。

でももう少し掛かったかなで宮島のフェリー乗り場に到着。

真横には競艇場が丸見え

Img_3540m

早速、出発

数分で厳島神社の鳥居が見える

Img_3544m

神の棲む島と言われ島に社を作るのは恐れ多く海の上に

建てられたと昔何かで読んだがどんなものか楽しみです。

到着すると迎えてくれる鹿

兎に角、紙を見せるだけで食べられちゃいます。

Img_3545m

ちょっと前に、NHKでてた大しゃもじをバックに

意味の無い記念撮影川 ̄ι ̄川フフフ

Img_3547m

フェリー乗り場から厳島神社までゆっくり歩くと15分程度。

一月に足の中指を事故で切断してしまった松葉杖のカツなので

ゆっくり慎重に。

参道を歩いて社に

そしてまた記念撮影。

Img_3560m

感想としては・・・

まぁ良かったですけどね。

オイラ的には豊臣秀吉が建てた豊国神社、通称、千畳閣が

素晴らしかったです。

Img_3580m

豊臣秀吉が建てるように命じたそうですが途中で秀吉が

この世を去ったので外壁も作られず未完成の状態で

現在まできてしまったらしいですが

Img_3577m

床板の太さはハンパなく10cmはあろうかというもので

針、柱、どれをとってもスケルトンで造形美を楽しむ事が出来るし

何より拝観料が安い。

100円(´,_ゝ`)プッ

ホント、京都も見習ってほしいものですな。

それからお土産の紅葉饅頭を購入。

なんと、一万円以上で送料無料につられて一万円分購入。

早いもの順に配るから貰えない人は文句言わないでって感じ。

結局、帰ってきて配ったら足りなかったんだけど

堪忍してねぇ~~

って、誰に行ってんだか。

そして昼からは広島市内をまたいで呉にいきました。

目指すは大和ミュージアム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/24

広島3 大和ミュージアム

一度、広島に戻り高速に乗りなおして呉を目指す。

それでも宮島からだと1時間程度は掛かったと思う。

今時のレンタカーにはナビが付いているので知らない道でも

なんとかなるが、乗る必要の無い場所でも高速道路に

乗っちゃうのは×だけどさ┐(´-`)┌

で、大和ミュージアムに到着

入り口を入ると、綺麗な受付の人が車椅子をご用意出来ますがと

カツの身体を気遣うのだがリハビリだと頑張るカツ

指の無くなった足を見るとホントに痛そう(´;ェ;`)

頑張れよ~

Img_3608m

10分の1で作られた戦艦大和

十二分に迫力があります。

丁度、2時から1時間のボランティアの案内があったので参加。

20人程人がいたのに終わる頃にはカツもダウンでオイラ一人のみ。

勝った( ̄ー+ ̄)

ヘヘヘッ

Img_3595m

人間魚雷の回天。

昔の記憶に回天の練習の地の記憶があったので写真を

探してみたら、やっぱりそうだった。

Dsc08453_r1

宮崎は南郷にある碑

なんて、お袋の実家が近くにあるので知ってただけなんだけど。

Img_3601m

左が大和の主砲の弾

世界最大だったらしい。

46cmの弾を約300kgの火薬を使って40km先まで飛ばすそうな

でも考えたら40km先まで飛ばしても的を考えても当る訳ないね。

なんと1.5tの重さ。

Img_3599m

零式戦闘機です。

なんと琵琶湖に沈んでたものを修理したものだそう。

滋賀県だったら家からの方が近いし(`ヘ´) フンダ!!

総体的に完成されたミュージアムだったと思います。

一度は行ってみる価値はあるね。

Img_3590m

歩きすぎでダウンしたカツが塩サイダーを飲んでいる間に

隣にある

海上自衛隊呉資料館へ

入場無料( ^ω^ )

隊長!!

自分は潜水艦の中に入るのは初めてでありますΣ( ̄ロ ̄lll)

などとニヤニヤしながら歩くオイラ。

うむ、

デカい

一階から上に噴水式なミュージアムで

主だった展示物は機雷がメイン

最上階でやっと潜水艦の中に。

Img_3613m

ここが本来の出入り口のハッチ。

思ったより狭い空間。

だけどトイレ、寝台、キッチンなど人間の背の高さ以上は

確保されていてストレスを感じさせない空間になっていたけど

オイラの様な閉所恐怖症では、ここでの仕事は無理です。

Img_3619m

潜望鏡

覗くとこんな感じ

Img_3616m

リアルに見える呉の港

さ、本日最後の目的地へ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/23

広島4

やっぱり最後は平和記念公園の原爆資料館。

瑞穂ちゃんが近くにホテルを取ってくれたから取り敢えず

チェックインをして荷物を置いてから出掛けた。

Img_3621m

時計が原爆投下からの時を刻む

実は、小学校の3年生か4年生の時に一度、ここに親戚の

叔母さん家族と訪れた事がある。

その頃とは趣が変わったけど世界的に希少なミュージアム

Img_3623m

原爆の恐ろしさを窺い知る事が出来る。

Img_3624m

これは子供の時に見た記憶がある。

変な話なんだけど、白人?多分だけどアメリカ人の姿も多い。

彼らに罪は無いのだけど、実際の被害者家族からすると

そういった已むを言えぬ気持ちも持っているに違いないだろう。

大和ミュージアムのボランティアの年配の人もそんな感じがした。

それだけ戦争というものは、してはいけないものだと

感じずにはいられない。

Img_3628m

原爆慰霊碑

また、今年も8月6日が来るとここに大勢の人たちが

集まるのでしょうね。

二度と繰り返してはいけない、そんな思いにさせられました。

さて、ホテルに戻ってレンタカーに乗り瑞穂ちゃんをピックアップ

10年ぶりの瑞穂ちゃんは前より綺麗になった??(。・w・。 )

三人で更に懐かしさを噛締めつつ

それからレンタカーを返して、タクシーに乗り換え広島の繁華街に。

Dsc_0060m

お酒を飲まない二人を前に一人でガブガブ呑みながら

勝手な事をベラベラ毒舌にかつぜつ悪く話して

夜は更けていくのでした(*≧m≦*)

俺だけ楽しんでゴメンよ。

Dsc_0062

ホテルから見える原爆ドーム

とても楽しく疲れた一日を過ごせたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/22

広島5

今日は朝一番にホテルに瑞穂ちゃんが迎えに来て尾道の約束。

が、あいにくの雨(||li`ω゚∞)

そして、オーストラリアの友達を前にしてオージーアバウトで

余裕で遅刻してくる瑞穂ちゃんψ(`∇´)ψ

どんまい

さて、高速を飛ばして尾道へ。

着いたものの雨。

三人で何食べると相談しても二人はラーメン口調。

オイラは日本食で一杯とワガママ一杯。

行列が出来るラーメンだというけど行列嫌いなんだよね(`◇´*)

と、オイラの言葉に

じゃぁ、行列が出来てなかったらいいの?

と、言うわけで昼前に朱華園に到着したら、すんなり入店。

早速、チャーシュー麺に餃子と日本酒を注文。

Img_3635m

見た目通りにスープ少なぁ~~(# ̄З ̄)

早速、食してみると

ん~~

瑞穂ちゃん、オイラ、嘘は書けんちゃ(´・ω・`)

まず、ダシを台無しにしてしまった濃い醤油味。

更に、背油が喧嘩に参加してチャーシューは普通。

なんで行列が出来るのかサッパリわからん(#゚Д゚)y-~~イライラ

ごめんなさい。

でも不味いです。

名古屋のチェーン店のスガキヤラーメンの方が

よっぽどマシだよ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

お金と一食を損した気分。

まぁオイラには合わなかったって事なのかな?

ん~~~

で、尾道を後にして、しまなみ海道に入る

Img_3636m

折角の風景が雨で台無し(´・ω・`)

無理言って連れてきてもらったけど残念。

代わりに連れて行ってもらったのが平山郁夫美術館

Img_3640m

家の母親が日本画を書くので知ったる画家ではあるけど

実際の、生い立ちを知る事はなかったので結構、真面目に

ミュージアム鑑賞してきました。

家のお袋の絵の描き方とは随分違っていた事にビックリ

でしたが・・・

平山郁夫が小学4年生の時の絵日記、それは

素晴らしいものでした。

普通、子供の絵に描かれる個性は小学2年生頃までに消えて

しまうんです。

なぜなら、上手や綺麗と云われる絵に憧れて、横習えしてしまうから。

思った事を思った通りに絵に書き留めるってのは

やはり才能でしょうかね。

やはり文章でも大人になるにつれ、体裁を考えたつまらん文章に

仕上げてしまうから面白くない。

でも、本当の気持ちを書かれた人間はたまったものではないけどね。

(*≧m≦*)

フィクションはやっぱりフィクション。

真実には叶わないもの。

なんて、ニヤニヤしながら美術館を一周り。

帰りに瀬戸田にある手作りジェラート ドルチェへ

2m

ジェラートは美味しかったです。

ただ、メッチャ愛想の無い従業員が残念でしたが。

さて、広島市内に戻り仕上げのお好み焼きを探す。

Img_3653m

まだ、路面電車が走ってるのよね。

この間の福井もそうだけど全国的にはまだまだ現役なんだね。

そりゃ、地下鉄が無くなるまでなくならないわな(○゚ε゚○)

で、瑞穂ちゃんの行きつけの、お好み焼き屋さんへ。

Img_3643m

こんな感じで出てきます。

焼くのではなく焼いてもらうのでテーブル席には鉄板はありません。

じゃ、広島の人はみんな広島風お好み焼きが焼けるんだと思ったら

家で焼くお好み焼きは大阪風で焼くなんとも微妙な返答。

ん~~

食べてみて思った。

普通名古屋のお好み焼きは大阪風で焼きあがった時に

ソースを塗れば二度塗りする事はないのだけど

広島風のお好み焼きは見てわかると思うけどネギが

乗ってたりするとソースが塗れない訳だし、生ネギが

そのままのようなトッピングもあるのでソースを再度つけて

食べるのが普通の感じ。

言い方を代えると、オタフクやカープのソースを食べるために

お好み焼きがあるようにも感じた。

ま、今回の広島の料理の中では一番良かったのは確かだけど。

Img_3645m

この頃にはすっかり17年前のオイラ達に戻った感じ。

でも、帰らなきゃ(´・ω・`)

最近出来たと言うトンネルをくぐるとすぐ広島市内に抜ける。

で、ギリギリ時間があったので無理を言って原爆ドームへ

Img_3650m

子供の時の感じと全く変わってないw(゚o゚)w

しかし、子供の時に泊まった道路を挟んだホテル

あいおいホテルっていうんだけど、倍以上のでかさになってた

Σ( ̄ロ ̄lll)

原爆ドームを後にして広島駅へ

Img_3655m

駅をバックに記念撮影。

17年の違いを( ´艸`)プププ

17_2

はは、随分変わっちまったなぁ

名古屋、広島、福岡で、それぞれ育った人間が

何を考え、どう間違ったか、1995年にオーストラリアで

出会っちまった。

少なくとも、同時期にオーストラリアで過ごしてみたいと

考えた。でもそんな、考えを持った人など数多くいた訳で

それでも、仲良くなれたのは、やっぱり”糸”なのだろうか?

1m

丁度、同時刻に上りと下りで新幹線が出発する。

で、俺達の挨拶はいつも同じ。

また、いつかね

2m_2

どれだけの人に背中を見せたか・・・

どれだけの人の背中を見てきたか・・・

会えるかどうか解らない人に、どれだけの、またいつかを

いったかのぅ。

おいら達は今も旅を続けているに違いない。

今は、愛西市で散髪屋としてくらしているだけの事で。

だから、また旅に出たくなったらきっと出ちまうんだろうな。

新幹線に乗ったら急に哀愁がただよう。

ま、いつもの事だけど。

Img_3660m

大阪までは順調に新幹線は走り定刻に到着。

が、定刻の8時37分に出発する事無く台風の影響で運転を

見合わせてるという。

オイラはどうしようも無いので車内で待つ。

11時に過ぎて、運転のメドが立たないので運休と言われても。

で、休憩用の列車をご用意とかで移動して新幹線の中で

朝を迎えた。

6時の始発も遅れて結局名古屋に着いたのは7時過ぎ。

はぁ、今日は仕事だってのに。

駅で会ったジムのインストラクターのバイトの子に

今からお出掛けですか?

と聞かれた。

朝一番にリュックを背負って駅にいたら、そう言われても

仕方ないわな。

でも広島まで出掛けて良かった。

すげ~懐かしい香りを思い出したし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/06

サツマイモ

前回はジャガイモでお袋にやられていたので

気を付けてサツマイモは休みにやる事にした。

サツマイモの葉っぱは一度枯れてツルから根が出ると

再び葉が出るので行程を考えると葉っぱが枯れている物を

買ってこれば直ぐに根が出る事になる。

でも実際、葉の萎んでるツルを買おうとは思いにくいかな

ψ(`∇´)ψ

さてさて、

バケツに新聞紙を入れて程よく水を浸して余分な水を棄てて

ツルを刺して根が出るのを待つ

Img_3514m

で、置いておいて夕方来て見ると水が無いから

ツルが枯れたと勘違いした母親がバケツ一杯の水で

サツマイモに水攻撃。

たまたま、帰りに店に寄ったからいいものの腐っちまうよ( ゚皿゚)キーッ!!

まぁ次から次に色んな事をやってくれるよ。

改めて水を抜いて二日ほどしたら根が出てきたので植え付けた。

Img_3530m

今はシンナリしてるけど根が付けばシャンとするんだよ。

て、誰にいってんだか( ´_ゝ`)フーン

あ~~楽しみだわぁ~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »