« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011/09/25

QBハウスに訪れた野田首相

9月初め秋を感じさせる気持ちの良い朝、テレビを見ていると

野田さんが庶民派をアピールするようにQBハウスなる

1000円カットのお店から出てきた映像が流れる。

普通店の理容師として俺は普通に見ていたけど

世の中には、この映像を見て褒め称えていた人もいる。

なるほど、大きな勘違いをしていると実感したのでコメントを残した。

こんな感じで、

「理容師です。
理髪業に関してご理解していないようですので簡単に説明させて頂
きます。
そもそもQBハウスの様な理髪でも美容でもないような業界が急成長
を遂げた理由ですが2000年頃に起きたカリスマ美容師ブームが
基軸となっております。
と、申しますのはカリスマ美容師ブームにより美容師を目指す若者
が増え結果的に美容師の増加、低賃金を招きました。
私自信が修行を得て店主としてやっておりますが今現在、美容師の
技術者の給与は18万~20万円程度だと聞いております。

(理容師に関しては絶対数が少ないので給与は高いです。)

店長クラスには50万以上を与え、いつかは私も感を与え働かせま
す。
しかし、店長クラスは辞めていきません、それどころか自分の上に
もまだ人がいます。
次第に歳も来ると生活苦から将来的に不安になり美容師を辞めてい
きます。
他の美容院に勤めても結果は同じ。
履いて棄てるほどの美容師を前に給料をくれる所はありません。
で、行き着ついた所がQBハウスの様な高給の低料金店です。
が、給料は増えても体力的に申しまして長い年月働ける訳ありま
せん。
結果、美容師を辞めていきます。
みなさんが考えているより人に接し続ける仕事は疲れるからです。
なにより一生を低料金店で働こうとか低料金店を経営しようなん
て夢を持って技術者を目指す者がいると思いますか?
余っている技術者を利用しているだけだから1000円なのです。

本題ですが1000円では普通店では採算は合いません。
専門学校に2年通えば仕事が出来るとお考えですか?
1000円で技術者を育てる事は出来ないし、技術者になろうという
意識を植え付ける事もできません。
何より技術者に憧れますでしょうか?

今後、低料金のお店は残っても1000円以下の最低料金店は
衰退していくと思います。

低料金が存続可能な理由は、事情のある技術者の働き先として
の需要があるからです。
事情が無ければ普通料金のお店で働きたいと思うのは技術者な
ら誰でも思っている事です。

昭和最後から働きはじめた私の初任給は6万円でした。
しかも床屋の使う鋏みは、一ヶ月分の給料では買えません。
それでも我慢して修行してきたのは自分でやるという夢があっ
たからです。
1000円で夢は見る事が出来ません。
したがって1000円になってしまえば誰もやらなくなる。
やり手が無くなれば価格は必然と上がる。

野田さんの行動は逆に私は日本の産業の空洞化を助長している
ようにしか思えないです。
安くてもいいですよと首相自ら中国製の車にのっているのと変
わりないと思いますがどうでしょう?

町工場を大切と言いつつ町工場的普通サロンを否定し
価格の安い低料金の店を持ち上げる。

国際標準価格と位置づけていられましたが、ここは日本です。
日本が日本でいられたのも世界水準の技術を目指していたからで
国際標準価格を目指す必要性はないと思います。

何より、野田さんはヘビースモーカーと聞きます。
アメリカ的に言えば
ヘビースモーカーしかりメタボリックしかり
自分を管理出来ない人に、部下を管理出来るわけないというでしょう。
そんな私は野田さんには何も期待できません。

QBハウスに行くのも良し、普通の理髪店に行くも良しなんですが
主張してしまうのはどうかという事です。

つたない言葉でありますが学が無いのでご理解下さい。」

でも良く考えると俺も他の業種に関しては知識が乏しいわけだから

結果的に、どう世の中が動けばいいのかは解らない。

交通法規通りに行けば少なくとも事故は起きない設定だが

不意に事故が起きるから、そこにイノベータが生まれる訳で

交通事故を完全に起こさないようにするには車を走らせない様に

するしかない。

でも、それでは何も生まれない。

何でも良いから動かす事が必要とは思うけど、これだけの

損失を与えた原発をこれからも推進させていく意味はあるとは

思えない。

脱原発ではなく、世界最高水準の原発と言い放ったアメリカの

腰巾着的な野田さんの発言に喜んだのはオバマさんくらいだろう。

脱原発=次世代発電の開発に繋がると思うし、脱原発の考えこそが

世界最高水準の考え方と言えるのでは。

日本の産業の空洞化はもはや避けられない。

だけど、もう一度、匠の日本に戻ってもやっていける様な

気がしてるの俺だけだろうか・・・

| | トラックバック (0)

2011/09/11

事故現場へ・・・

翌朝はゆっくり起きて木之本のインターの側にあるコンビニで

姉夫婦と待ち合わせ。

ちょっぴり遅刻('ー')

途中まで一緒に移動してオイラの車に乗り換え林道へと入る。

オイラは何度も来ているので、ある程度の場所は判っていたのだが

何で夏場に生えた草で見難い。

親父の言っていた大堰堤を越えた辺りから目を凝らしながら

運転をしていると・・・

3080m

見慣れたジムにーが転がっていた。

15mは大げさだけど10m程は垂直に落ちていた。

これで助かったのだから悪運が強い。

しかも、打撲で済んだ。

用意してきたロープを下ろし早速下まで降りてみた。

Img_3090m

なんとも車が可哀相・・・

姉が車の中に入り荷物を確保。

塩でお清め。

車さんごめんなさい( ´;ω;`)ブワッ

一緒に来た息子と川に入って水遊び。

折角なのでと水中眼鏡と水着を持ってきて正解。

暑くて丁度良かった。

帰ろうとしていたら、水資源管理の人が二人オイラのロープを

伝って降りてきたので、車を起こすのを手伝うようにお願いした。

なので・・・

Img_3092m

帰りには車は停めてあるように見える。

写真の真ん中で手を上げているのが姉。

あそこから落ちたのだ。

どちらにしても、しばらく入院らしくてお盆は姉が手伝ってくれるが

オイラ一人でやらなきゃだ。

ふぅ┐(´д`)┌ヤレヤレ

| | トラックバック (0)

ハゼ釣り

毎年夏休み中に子供とハゼ釣り

息子と二人で出掛けた。

Img_3073m

去年の要領を得ているので一丁前に川に立ち込んで

釣りをしている。

Img_3078m

こんな大きさのハゼだが唐揚げにするには十分。

二人で100匹は釣れたんじゃないでしょうか・・・

夕方になり帰宅途中で電話が鳴る・・・

親父が山から転落したと聞き、長浜赤十字病院に向かったので

写真がない。

結局、病院から帰ってきたら午前様だった。

次の日も休みだったので子供達と長島スパーランドに

出かける予定だったのに、親父の荷物を引き上げる為に

滋賀県と福井県境にある川に出かける事になってしまった。

なんとも・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ

こだわる男のストア

Otokono_11

|

2011/09/08

内海へ・・2011-7-25~26・

毎年恒例になっている内海に泊まりで出掛ける。

それにしてもやっぱり息子と俺の相性がピッタンコの雨男。

初日からザ~ザ~雨(´Д⊂グス

毎度の事なのでそこまでは気にしてないけどね。

でも雨なの・・・

いつもの様にマルハ食堂でお昼を食べて内海へ・・・

雨は降っているけど子供達には関係ないようで海に。

Img_4274m

はぁなんだか・・・

年に一度の水着が見られる日だってのにね。

皆無(u_u。)

夜は息子が宴会部長で宴会

Img_3061m

将来なんになるのやらw(゚o゚)w

次の日も雨。

海に入る頃には曇りになったけど寒いくらい。

ホントに夏かしら\(*`∧´)/

でも、海はちょっと波があり折角持ってきたボディーボードが

楽しめた。

ユウトの初テイクオフ

Img_4263m

う~ん

普通は初めてでこんな事出来ないと思うけど

出来るんだよね~息子は・・・

Img_4277m

サッカーが出来るほど今日も閑散。

でも子供達とは楽しめたからまぁいいや。

いよいよ来年は娘が高校生だから此処にも来れなくなるのかなぁ??

|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »